Mayo

セックス・エデュケーション シーズン2のMayoのレビュー・感想・評価

3.9
待ちに待ったシーズン2。
新しい登場人物も増えて、オーティスとメイヴだけでなくいろんな人の話になっていてとても楽しい。まさに群像劇。

逆にオーティスの話はぐだぐだで、主人公なのに何をしたいのか何をさせたいのかわからなかった。オーラとオーティスの2ショットは最初からしっくりこないんだけど、やっぱりオーラそういう展開かい!となりました。

アダムのキャラが崩壊していて、こんなに面白いキャラだったんだと意外にもこのキャラクターが好きになった。お父さん役の人とこんなに似てたっけ?ってくらい似てきててそれだけで笑えた。

7話とても好き。これぞセックスエデュケーション!女子みんなでバスに乗るところは泣けた。

8話のミュージカル。アダムとエリックの展開にもうドキドキ。きゅんきゅんです。