とと

ハンムラビ法廷のととのレビュー・感想・評価

ハンムラビ法廷(2018年製作のドラマ)
4.0
予想以上の良作。
現代の社会問題に大きく切り込んだ内容は副題とはかけ離れています。
ラブラインは少な目で若い判事達の活躍と失敗に焦点を当てたところが良かった。
セクハラ、パワハラ、ミソジニー、貧困等エピソード盛りだくさん。
主役二人は美しくおじさま判事たちはさすがの味。