梯子ダルマ

GOTHAM/ゴッサム <フォース・シーズン>の梯子ダルマのレビュー・感想・評価

4.3
中盤までダレたが、「マシマシ次郎系にし過ぎた結果、視聴者の目も慣れ始め、ヴィランの氾濫する中で特異性を失いつつあったジェローム(ジョーカー)」と、「ヴィランサイドのコメディーリリーフとして便利なキャラと化したペンギン」2人のカリスマ性を取り戻した(思い出させてくれた)シーズンとして、とても満足度が高かった。

そして登場人物全てが、我々の知る“後のあるべき姿”へ、歩みを進めていく。ブルース坊ちゃん、本当に凛々しくなって…デヴィッド・マズーズの成長がドラマの跳ね上がりに奇跡のケミストリーを起こしている。マジで凄い。この点で、唯一無二のヒーロードラマと言える。

やはり、ジェロームが軸になり始めた後半からエンジンがかかってきた。タイプの違う狂気を演じ分けるキャメロン・モナハンに最大限の敬意を。カリスマだ。

次でラストシーズン。『バットマン』前日章として、もはや観たいものは出し切ってもらったかのように思えるこのドラマが、どんな結末に辿り着くのか、ワクワクです。