30 だけど 17 ですのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「30 だけど 17 です」に投稿された感想・評価

なか

なかの感想・評価

3.3
0
ぺぺトラ

ぺぺトラの感想・評価

4.0
0
シン・ヘソンとヤン・セジョンの演技の上手さ…ほんと素晴らしい!何気ないシーンもすごくいいんです。
これから楽しみな二人です
記録用
baekjae

baekjaeの感想・評価

-
0
2話で脱落
記録
kawauso1983

kawauso1983の感想・評価

5.0
0
面白かった!
なすりさ

なすりさの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

30歳の恋愛話とは思えないほどのピュアさと爽やかさ。出てくる人がみんな良い人で意地悪な人がいないので心穏やか〜に見れる。
話がなかなか進展しない上にすれ違いが多いので若干やきもきするものの優しい気持ちになれるドラマだった。

交通事故で13年間意識不明だったバイオリニスト志望の女の子と、その事故のせいでトラウマを抱えた舞台デザイナーのラブコメで、主人公が3人のイケメン男性から想いを寄せられる点は非常に羨ましい。
ソリが10代のフレッシュさとあどけなさがあって、チャンが言うように本当に17歳に見えて可愛らしかったな〜最終話には自然と年相応な感じになってるのもすごい。
ウジンの泣き顔の吸引力も素晴らしく、チワワかなと思うくらいにかわいい。犬系。

ソリの探してた叔父さんは亡くなってしまってたし、1番の親友も事故で亡くなってるしでなかなかハードな設定ではあったけど、心休まる新しい家族や友達もできて割と丸くおさまった感。ウジンが抱えていた自分のせいでソリが事故に遭ってしまった件も、ソリはもともと次のバス停で降りる気だったと言うことで解消したし、なんならウジンより先にソリの方がウジンのこといいなと思ってたというハッピー結末だった。最後しれっと結婚もしてたし。

アンヒョソプが爽やかでカッコいいんだけど、足が細すぎて、自分の足見て切なくなった。
horry

horryの感想・評価

4.5
0
これ、とても良かったです。
華やかなシーンや目立つCG効果があまりない(最初のバスの事故シーンが結構、えぐいのと、クラシック音楽の野外イベントシーンはキレイだった)、こじんまりとした作品なんですが、脚本・演出・俳優と揃っている良作。出てくる人たちがみな、人を思いやる温かい心の持ち主なので見ていて気持ちいいのと、心情の変化が丁寧に追われているのでキャラにリアリティがあるところが良かったです。

事故にあった主人公ウ・ソリ(シン・ヘソン)が17歳から昏睡状態になり、13年後に目覚め、住んでいた家に帰るのだけど、家はすでに人手にわたり、頼れる人は誰もいなくてホームレス状態になってしまう、というところからスタート。

ソリは元々住んでいた家に居候させてもらうのですが、そこの家主がコン・ウジン(ヤン・セジョン)で、その甥っ子のユ・チャン(アン・ヒョソプ)、AIロボットのような家政婦ジェニファー(イェ・ジウォン)との同居生活が始まります。

ソリは13年間眠っていたので、社会変化についていけない、自分の意識は17歳なのに見た目は30歳で言動が見た目についてこない、学歴なし職歴なしで、天才的なバイオリンの腕があるのに、それを活用することもできない。
そんなソリの味方にまずなってくれたのが、チャン。チャンと同じボート部のドクス(チョ・ヒョンシク)とへボム(イ・ドヒョン)。彼らはしょっちゅうチャンの家に来て大飯をくらい、出前をかってに頼んだりと我が物顔で、ソリと精神年齢が同じなのですぐに打ち解けます。
このボート部3人がとてもかわいい。
素直で、おバカで、明るい彼らに、ソリが救われる様子は見ていてほのぼのとしました。

で、メインとなるのがウジンとの恋愛ラインなんですが、これも良かった。事故のエピソード回収と、新たな視点の追加(ソリが語る過去)も無理がなかったです。ソリもウジンも17歳で成長が止まってしまっているので、恋愛が可愛らしく描かれているのが「うまいなぁ」と思いました。

ソリは自立するのも難しく、恋愛も奥手。映画やドラマでよくあるパターンの、こういう女性主人公(記憶喪失とか地球外から来たとかタイムスリップとか)を、男性主人公が教え導き、その結果、二人が恋愛関係になる、というプロットになりがちな設定なんですが、この作品はそうではない点がとても良いです。
ソリの周囲にいる人は彼女の側にいて見守りはするけれど、彼女の意志を尊重します。ソリが自分のペースで物事を決めていくことに手を出さない。ソリもそのことに感謝するけど、必要以上にはへりくだったりしないし、自分の考えを大切にしている。
「事故にあったかわいそうな人」としてソリを売り出そうとする人が登場しますが、そうではなく、どうやってソリと接するのかということが、さまざまな登場人物のソリへの対応によって描かれています。
それが登場人物のキャラ設定とあっているので、スムーズに物語は進むのですが、かなり、丁寧な描き方だと感じました。

とにかく、シン・ヘソン、ヤン・セジョン、アン・ヒョソプの3人のキャラが良いです。特に、コミカルなシーンは面白くて、ソリが噴水の水を飲んで吹き出すシーンは何度見ても笑ってしまった。
コミカルな会話や切り返しがよかったのは、脚本の力かな。
ほっこり
まい

まいの感想・評価

4.2
0
記録
>|

あなたにおすすめの記事