kaito

ブラック・ミラー バンダースナッチのkaitoのネタバレレビュー・内容・結末

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これまでただ観るだけだったドラマを自分の意思で好きな展開に進められるというのはとても斬新であるが、逆に美少女ゲームとかでよくあるノベルゲームの古典的手法な訳でもある。
肝心の物語はというと大筋の流れは決まっているみたいで選択を間違えると戻されるのと、一度エンディングを迎えても正規ルートか分からない消化不良感は否めないし、他のエンディングを回収するために見始めたらそれは攻略であって、ここまでくるとゲームをしているのとあまり変わらない。
しかしバンダースナッチで面白いのが、主人公の行動を選択し主人公と一体になることで物語への没入感を演出するのが一般的だが、あくまで操っているという第四の壁を設定することによってドラマの中の人物を操る興奮もあるし、サイコパスによくある頭の中の声に従って殺人をした的なドラマ面の面白さもあった。
ゲームをやらされているような感覚は確かにあるが、それでもこれまでにない体験であったのは間違いないし"Netflix"×"ブラック・ミラー"だから出来たこと。
Netflix選択は完全にネタ笑。