koyaaa

ブラック・ミラー バンダースナッチのkoyaaaのレビュー・感想・評価

4.0
#Bandersnatchについて書く.

いつもの感想は、
映画のメッセージであったり、
内容に関することを書いてきたつもりだけど、
これは構造に関する内容にならざるを得ない.

つまるところ、
「実写版かまいたちの夜」であった.
(内容は勿論違うけど.)

実験的なアート作品みたいなバランスである.内容はメタofメタで、クオリティやムードはブラックミラー.
脚本もだけど、演出や絵作り、演技とかあらゆる点で考え方変わるんだろうしこの2018年も終わりかけのタイミングで突然これを投下してくるスタンスの強さ、カッコイイ.超工夫するコト多そうだけど、楽しそうだなー.

選択肢の分岐も入り方で変わってるような.とりあえず片手間で見られるコンテンツじゃない.
テストコードばりに全網羅的に観ようとしたが、ケースが再現できないコトとかあったし、完全に時間のある時じゃないと見れない.

しかし体感とか経験という要素が強いが、没入感という観点ではそれほど入り込んだ感じはしなかった.
むしろ選択肢が途中から入ってくる感じがやや邪魔だなという感覚があるし、集中しづらい、ポイントが分かりにくくなるので直接的なメッセージがある作品を伝えるのに向いているのかやや疑問の残るフォーマットだと感じた.

今回のは構造自体がテーマなので、もはやこのテーマでしかこのフォーマットは成立しないのでは?という気もする.


個人的には、リトル・ランボーズのあの子が随分立派になってたのが嬉しい.