MUA

ブラック・ミラー バンダースナッチのMUAのレビュー・感想・評価

3.8
年納めの作品はバンダースナッチでした。
選択肢を重ねていく事で確実に・着実に”引き戻せない”運命へ導かれている感覚が一番恐ろしかった。積み重ねの大きさを痛感。
選択肢とエンドの多さも勿論だが、全体的な作りとしてかなり複雑であるにも関わらず「父と子」の葛藤がベースとなっているので、見ているこちらの感情もブレる事なく物語の進行を楽しんで見ていく事ができる。

選択して進めていく物語、というと、どうも娯楽の安易な消費というイメージが拭えなかったのだがメッセージ性も太く、一筋縄ではいかない噛み応えのある作品だと思った。他のエンディングも楽しみです。