きのう何食べた?に投稿された感想・評価 - 4ページ目

「きのう何食べた?」に投稿された感想・評価

hazuki

hazukiの感想・評価

4.0
0
すごく優しい気持ちになれる作品
1話30分で観やすい
何があっても美味しいものを食べて仲直りして
ほっこりする💓
natsuko

natsukoの感想・評価

-
0
お母さんがどハマりしたドラマで、何回も見てるのに初見のように楽しんでいます 平和で良い
るん

るんの感想・評価

4.1
0
料理の勉強にもなったし無理にラブシーンとかそういうものがなくてほんとに心が温まった。BLとか関係なく素敵で好き。
茶々

茶々の感想・評価

4.8
0
キャスト、雰囲気、全部好き。
安心して見れる。
なんだか癒される。
何度も見ちゃう。
ドラマ全話一挙放送で録画して一気見!
漫画ももともとファン。
でも想像以上!
みてて、ほっこりが止まらないドラマでした✨
OPがまず素敵だし、西島さんのエプロン姿に萌えるし、2人のてか主にシロさんが考えをちょっとずつ改めていっていく姿が漫画よりもコンパクトにまとめられててよかった~。
ご飯作ってる所とかもよかったし。。トマト缶、洗いながら水入れるよね(笑)とか自分の作り方と比べたり、オレガノ欲しくなったり(普段ローリエとローズマリーで味付けが多いのよ。あとバジル。)

途中でお父さん変わったのにはびっくりしたけど(ご不幸があったとか?)。。

次一挙放送で録画したのがブラッディマンデイ(懐かしくてつい…)で、温度差が激しいなって今からちょっと恐々してる(;^ω^)
間に何本か映画挟もうかな。。ジャンル何系が適してるのかしら(;'∀')
みつまめ

みつまめの感想・評価

4.0
0
今更、素敵な作品に出会った。
生きづらい世の中でも、家に帰れば愛しいパートナーと美味しい家庭料理。
胸が一切ざわつくこともなく永遠にほっこりできて、たまにポロッと泣けたり、そして自炊のモチベもあがる最高のドラマ!
PAO

PAOの感想・評価

3.8
0
食べるものはその人の人生を語る。
食べ方は性格を語る。
好きやわあ〜シロさんとケンジのカップル。
山本耕史さんと磯村勇斗さんカップルもかわいい。
Moiai

Moiaiの感想・評価

-
3
1話冒頭でシロさんが「ごぼうのアクはポリフェノールなので水にさらさない」と言った瞬間、クソデカ声で「そうなの⁉️⁉️」と叫んで始まった連ドラ編でした……なんて役立つドラマなんだ……一人暮らし始めた頃に出会いたかったよ……
そしてもちろん食ドラマとしてだけじゃなく恋愛ドラマとしてもすばらしいんですよね!みんな全然完璧でなく、それぞれダメなところがほんとリアルにだめで、同じ人間として身につまされ何度も泣いちゃった……ケンジはほんととにかくかわいくてかわいくて、心で抱きしめざるを得なかった シロさんも弁護士でシュッとしてるのに、モテ予感に浮き足立っちゃったり変に頑固だったりミーハーだったりしてかわいい あとケンジやジルベールをからかっているときのシロさん、というか西島秀俊さんが実にイキイキとしていて、アッッずるい!!と胸を押さえて地団駄を踏みました わたし単発版ラストのニヤリ顔も忘れてないから……ていうかもしかしたらわたし、気を許した相手にしか見せないチャーミングなSっ気顔が癖(ヘキ)ってやつなのかもしれない……心掴まれ度が半端じゃないので…… 実用的なお料理知識だけじゃなく知らなかった自分の癖まで教えてくれるドラマ、そりゃ最高だよ……

シロさんのご両親も田中美佐子もなんかみんなダメで、だけどコミュニケーションをとりながらどうにか折り合いをつけていて信頼できる そしてコミュニケーションの潤滑油になるのは食なんだよなぁ わたし自身も丁寧に食事をしたくなるドラマであるし、食事を前にすると誰もが素直になることをやさしく示していてほっとする。わたしはひとの咀嚼音があんまり得意じゃないんだけど、このドラマは全然許せます 365日毎日観たいのでひとまず365話分実写化してほしいです、お願いします!
もいちゃ

もいちゃの感想・評価

4.0
0
ほっこり美味しいドラマ。
おじさん2人の丁寧な料理と暮らしに癒される。自炊欲!むくむく
Marie

Marieの感想・評価

4.8
0
恋人ふたりの、なんてことのない平和な日常。シロさんの料理は本当に家庭的で、どこか懐かしさが漂います。丁寧で手際の良い調理過程も、色鮮やかな食卓も、見ているだけで幸せ。

2人の性格はどちらかと言えば対照的。最初は堅実で几帳面なシロさんが、自由で感情豊かなケンジを支えているんだと思ってた。でも実際は、ケンジの寛容さが色んな場面でシロさんを救っていました。終盤はシロさんの表情がより柔らかくなって、2人の空間がパッと明るくなったような気がします。

一人でいる時よりちょっと品数の多いおかずを作り、たわいもない話をしながら向かい合って食事をする。そういった暮らしが出来る人と添い遂げることが、誰にでも平等にできる世界であってほしいです。

あなたにおすすめの記事