犯人はこの中にいる/真実を知るもののドラマ情報・感想・評価

「犯人はこの中にいる/真実を知るもの」に投稿された感想・評価

gonzaration

gonzarationの感想・評価

2.5
0
なんかもやっとする終わり方。
途中から読めたけど。
誰が悪いとか良いとか、そんなじゃないよ、人生。
EliasRyker

EliasRykerの感想・評価

3.1
0
「我が子を殺した犯人が
自分の家に来たらどうする?」

「この中にいるんだ “One of us”
この中の誰かが殺した」
閉ざされた状況のなか、誰かが犯人 。

「どこか影があるんだ」
浮かび上がってゆく、それぞれの「影」。
捜査する側にも、秘密が。
互いに疑心暗鬼になる人々。
これぞBBCサスペンス。
サスペンスと人間ドラマが濃密に絡まる。

人生で一番幸福な瞬間から一転、
ショッキングなシーンから始まる。

スコットランド、ハイランドの寂寥とした風景が舞台。

まず設定が良い。
シチュエーションサスペンスともいうべき、わずかな状況、わずかな人間のなかで、いくつものストーリーが絡まり合う。
同情できるかは別として、犯人のオチも悪くない。

しかし犯人1人だけをを悪者にしたて、すべてキレイにまとめようとするのは、興醒めしてしまう。
あとジュリエットのエピソードは必要だったのだろうか?
明らかに一線を超えている。
それまでの話の転がし方が良かっただけに、ラストの締めの甘さが悪目立ちする。
後味が悪くなり、全体の印象を下げてしまっている。
残念。


「○○のため」と、ラスト近くにある人が言う。
大切なひとのため、と人はよく言う。
その気持ちに嘘はない。
しかし突き詰めて考えれば、その大切な人のためにしている自分のためなのだ。
大切な苦しんでいるのを見たくないのだ。
今作でも、○○が真実を知ったら喜ぶだろうか?
自己欺瞞にしか見えないのは、自分だけだろうか?

ささやかなトリビア2つ。

①ロブ・エリオット役のジョー・デンプシーは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェンドリーを演じている。

②邦題が2つあるが、原題も2つ。
映像にも出てくるオリジナルタイトルは”RETRIBUTION”(「報い」)。
それがone of us”へ変更。
英語版ウィキペディア等で調べたが、変更の経緯は分からず。
BBCで放映時はオリジナルタイトル。
Netflixでの配信時に変更したのか。
愛してはいけない人を愛してしまったことで起こった殺人事件。
子供には責任はない。悪いのは身勝手な親たちである。
アーナ

アーナの感想・評価

3.0
0
note.
普通に面白かった
banmi

banmiの感想・評価

-
0
記録
ゆぴこ

ゆぴこの感想・評価

2.0
0
暗い、救いもない。
登場人物はクソ率高め。
胸糞ドラマのつかみはオッケーで1話〜3話まではなかなか良かったし、オチもまあまあ。
だけどオチの持っていき方が下手くそすぎて残念。

「全ては因果応報だから」
って最後の言葉を印象的にしているんだけど
因果応報じゃないことも結構見せられてきたので、まとめの言葉としてはブッブー!!

許されて欲しいは人は許されず、諸悪の根源は…それでいいの?
小ネタも多すぎかな。
風琴

風琴の感想・評価

3.8
0
マディはあれでいいのか…なんか違う気がする
こういうドラマ本当好きだな、互いの首を絞め合う感じがよかった
動機がいまいちすぎたけど

このレビューはネタバレを含みます

おっさんの言い分がアホすぎて呆れたわ。
敬虔なクリスチャンかなんか知らんけど、他所の息子を殺してまで守る信仰心て、、
あんたの神はどんな神やねん(-ω-;)
しかし夫婦揃って迷惑千万やな。
まあ全体的におもろかったけども。
なかなか面白かった。
hachi

hachiの感想・評価

3.6
0
あー、なるほどねー、という真相。
てか結構暗いってレビューあるけど、そんな暗かったかなぁ?そこまで思わなかったけどなぁ。
>|