きしだギレンホール

ウルトラマンのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

ウルトラマン(1966年製作のドラマ)
4.0
正直言うと、一期ウルトラの良くも悪くも鈍重なテンポが合わない部分はあるのだけれど、バリエーション豊富で楽しいのは確か。ジラース戦やギャンゴ戦のコミカルさが特に好き。