JIN

パーフェクトワールドのJINのレビュー・感想・評価

パーフェクトワールド(2019年製作のドラマ)
4.0
(初回)
もし自分が事故に遭って半身不随で車椅子の生活を余儀なくされたとしたら?
松坂桃李演じる主人公のような人として完璧な要素が大きい人間程、誰かに迷惑をかけたくない、同情されたくないというプライドと惨めさとの葛藤はより大きいのかもしれない。
自分もいつこんな事態に陥る様なことになるやもわからないし、ましてやこの主人公の若さでとなると生きることへの絶望からの脱却というのは並大抵のものではないと想像する。
そんな時にどんな人が傍にいてくれるのか?
この御時世自分も含め独りで生きることを余儀なくされる人は多いし考えさせられる。

(最終回)
みなさん名演で最後は素直にこの純愛に感動できたね。
身近に車椅子生活の人がいないので、ああ、こうゆう場面で困るのかということをいろいろ知れたのも良かったと思う。
そして、人との出逢いがいかに人生での幸せを左右されるかということを考えてしまったな。