すず

カインとアベルのすずのレビュー・感想・評価

カインとアベル(2009年製作のドラマ)
5.0
兄弟間の壮絶な貶め合い。

珍しく明るいソ・ジソブ!
だけどそれは初めだけ。
物語が進むにつれて、見ていられないくらい可哀想になっていく。
ジソブのお兄ちゃん役のシン・ヒョンジュン。
嫉妬に狂った猛烈に嫌なやつ。
化けの皮が剥がれてからのヒョンジュンさんは怖すぎた。
目を真っ赤にしてジソブを睨みつける顔がやばい。
兄にはめられてからのジソブの人生が絶望的すぎて、見ていて辛くなる。
記憶喪失の彼を救ってくれた北朝鮮の工作員を演じたパク・ソンウン。
マフィアの幹部とかサイコっぽいイメージだったけど、今作では男気溢れるいい男!
それに比べて、相変わらず嫌な奴のペク・スンヒョン。
甲高い声と見開いた目が何とも目障り耳障り\(^^)/
とにかく救いがない。
可愛いハン・ジミンが唯一の癒し。
兄と弟の間を行ったり来たりする女が、強かで嫌いなタイプ。
兄弟の母も嫌な人!
そうなるのは仕方ないけど、嫌な人!
いい人が本当に少ないドラマ。
メガネの女医さんと陽気なおっちゃんドクターは好き!
おっちゃんドクターを演じたクォン・ヘヒョさん、この人いつもいい味出してて好き\(◡̈)/
ジソブ反撃開始までは、とにかく胸糞悪い。
ヒョンジュンさんがただひたすら憎たらしい。
そしてヘスクさんが怖くてちびりそうになる。笑
見応えあったな〜!

主演2人の演技力合戦が素晴らしい!
そして脇を固める俳優さんたちも豪華!
それにしても、韓国ドラマって記憶喪失ネタ多いよね。笑