馮美梅

悪党〜加害者追跡調査〜の馮美梅のレビュー・感想・評価

悪党〜加害者追跡調査〜(2019年製作のドラマ)
4.0
主人公佐伯修一、元警官。中学生の頃、自分の誕生日の日に姉が少年3人にレイプされ殺された。

1話完結かと思ったらそうではなかった。警官を辞めさせられ今は探偵事務所で調査員をしている。

そこで犯罪被害者を対象とする加害者の追跡調査をすることに。あまりに理不尽な死が多すぎる。修一は並行して自分の姉を殺した3人の追跡調査もしていた。

それぞれの物語もいいけれど、間にインサートされる佐伯家の幸せの風景。そして常に頭から離れない姉の最期の姿。平凡な家族だけれど家族みんながそれぞれに愛情を持って過ごしていた様子があるから、残酷な描写そしてそのやり場のない怒りと憎しみが際立ってくる。東出さんのあえて人との距離を置く感じ、そして中盤から冬美との出会いで変化していく様子もとても良かった。父が幸せになっていいんだと、いつも暖かく息子を見守ってる姿も良かった。

関わった人たちの思いを通して少しずつ変わっていく修一の姿がグッときました。