悪党〜加害者追跡調査〜のドラマ情報・感想・評価 - 2ページ目

「悪党〜加害者追跡調査〜」に投稿された感想・評価

ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
0
原作既読。
重いけど、とてもいい内容を書く薬丸岳さん原作。
いつも自分だったら…と考えさせられます。
ラストの病室でのシーンが原作と違った。
原作の弁護士の一言がとてもズシンときたので、原作の終わり方の方が好きです。
ドラマ的には…、こんな終わり方がやっぱりいいんだろうなー。
松重さん、柄本明、安定の俳優さんです。
東出昌大の暗い感じ、良かったです。
ただ、しゃべると…。
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.0
0
主人公佐伯修一、元警官。中学生の頃、自分の誕生日の日に姉が少年3人にレイプされ殺された。

1話完結かと思ったらそうではなかった。警官を辞めさせられ今は探偵事務所で調査員をしている。

そこで犯罪被害者を対象とする加害者の追跡調査をすることに。あまりに理不尽な死が多すぎる。修一は並行して自分の姉を殺した3人の追跡調査もしていた。

それぞれの物語もいいけれど、間にインサートされる佐伯家の幸せの風景。そして常に頭から離れない姉の最期の姿。平凡な家族だけれど家族みんながそれぞれに愛情を持って過ごしていた様子があるから、残酷な描写そしてそのやり場のない怒りと憎しみが際立ってくる。東出さんのあえて人との距離を置く感じ、そして中盤から冬美との出会いで変化していく様子もとても良かった。父が幸せになっていいんだと、いつも暖かく息子を見守ってる姿も良かった。

関わった人たちの思いを通して少しずつ変わっていく修一の姿がグッときました。
最後は 泣いちゃったな。
東出昌大 熱演だったよ!
烏丸さんが息子の元に・・で
涙が、ダーって💧💧
よっぺい

よっぺいの感想・評価

5.0
0
また、ドラマWにしてやられました!

撮り溜めしていたのを観だしたら面白くとまらなくなり、一気観したら深夜になってしまった💦
見ごたえあるドラマでした。

東出さんの演技上手い。脇をかためる人も素晴らしい。
もしも、自分の家族が被害者になってしまったら、この怒りは、何処にむけるのか?痛ましいドラマでしたが、最後は、晴れ晴れとしました!
ユンファ

ユンファの感想・評価

4.0
0
このクオリティで、テレビドラマというのが信じられない。
WOWOWでしか見られないのが勿体ない。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.9
0
2話目は神回ではないだろうか
まじで泣きそうになったし
最終回で佐伯修一が泣き崩れるシーンは
とても良かったし映像も綺麗だった
てゆーか最終回自体素晴らしかった
“これからお前はたくさん幸せになるんだ”
この言葉がほんと優しくて温かかった

東出昌大もいつの間にか
雰囲気のある役者になってきたね
三浦誠己 山口紗弥加など
脇役が安定感抜群の顔ぶれ
東出昌大と松重豊
そして山口紗弥加 篠原ゆき子 波岡一喜
今回の役の演技はほんと凄かった
miraikako

miraikakoの感想・評価

4.0
0
見ごたえあった。
やさぐれた、未来の見えない、肉親を殺されたことから動けない主人公を好演。彼の立ち方やしゃべり方が、朴訥とした一本調子が、逆の効果となって彼の乾燥した感情や枯渇した優しさとか、そういった無味乾燥な日々ってところにいるんだぞってことを上手く表現していたように思う。

それぞれ役者さんたちの熱演もあって、どの物語も一筋縄ではいかないし、彼の憎しみも理解(想像)できる。どうおさまりをつけるのかというラストも良かったし、主人公が未来を見据えはじめる場面も良かった。

だけれども。
どうしてそのクライマックスで学芸会みたいなことになるのか。
残念過ぎる。
そこまでうまいことやってきただけに、椅子から転げ落ちる勢いで、残念だ。ほんとにこの人はそういうところがある。映画でもそこまでやってて、やれてて、どうしてそこの台詞がそうなっちゃうの~と、オチがあるかのよう。不思議な役者さんだ。
魅力的だし、見栄えもするし、なんというか不思議系で
好感度も高いようだし
今後におおいに期待するけど、これが彼なのよと言うことだったらごめんなさいなのだった。
毎回泣きながら見てた。

赦せなくても、前に進む強さ。
自分と向き合う強さ。
よほ

よほの感想・評価

-
0
記録。演技もいいし、話もしっかりしている。悪党のその後と被害者の気持ち。
あまり気持ちの良い話でないので
評価は高いのだろうけど 評価はしたくない。
kohei1813

kohei1813の感想・評価

4.0
0
原作をうまく踏襲していた。最後は復讐をためらってしまったのは一緒だが、ドラマの仕打ちの方がキツかったと思う。原作もドラマも弁護士が問題だと感じた、減刑する事ばかりに重き置くのは問題だ、罪に見合った量刑を与えるのが弁護士の仕事であり司法の務めだと思う、でないと被害者家族に救済は与えられないだろう。