すず

ごめん、愛してるのすずのレビュー・感想・評価

ごめん、愛してる(2004年製作のドラマ)
5.0
救いがなさすぎる。

幼い頃に親に捨てられ、ストリートで育ったムヒョク。
野良犬のように育った彼は、ある事件に巻き込まれて長くは生きられなくなってしまう。
死ぬ前に産んでくれた両親に恩返しがしたいと韓国に帰った彼を待ち受けていたのは、残酷な現実だった。

ソ・ジソブ=哀愁ってイメージを植え付けたのは、このドラマなんじゃないかな。
切ない眼差しが印象的なムヒョク。
ジソブさんじゃなきゃ、このキャラは演じられなかったんじゃないかって位ハマり役。
真実を知り、復讐に燃えるムヒョク。
だけどどこかで母親からの愛情を求めてる。
自分を毛嫌いする実母を、不器用ながらも守ろうとするムヒョクの一方通行な想いが辛い。
母親に対しては酷い人だという印象しかなかったけど、話が進むに連れてこの人も可哀想な人なんだと心が痛んだ。
最後に手料理が食べたいと、母親にお願いするシーンが一番辛い。
ほんの少しのすれ違いで、どちらも絶対に幸せにはなれない。
ここまで救いのないドラマは初めてだった。

ムヒョクの悲運な人生に自分の父親が絡んでると知ってしまったウンチェ。
彼女の選択も辛すぎた。
だけどこれで良かったと思う。

とにかく誰も幸せになれない。