大奥 最終章に投稿された感想・評価 - 4ページ目

「大奥 最終章」に投稿された感想・評価

sora

soraの感想・評価

1.5
0
【'19/03/25・TV鑑賞】
連ドラ鑑賞済み
出演:木村文乃
全体的に迫力に欠けて物足りなかったです。
話の内容もアッサリ気味。
連ドラと違ってじっくりやれないので、ストーリーはしょうがなかったのかなぁ・・・。
浜辺美波ちゃんの竹姫の可愛さには説得力はあったけれど。
連ドラの時はよかった曲たちも、派手なアレンジになってしまって作品に合わなくなってるし、使い方もちょっと変に目立ってしまっておかしな感じになっていたように思います。
その笑いはいるの?とちょっとおかしな要素も多かった。
連ドラシリーズが素晴らしく「最終章」とつけたのにファンとしては期待しすぎた気もしますが。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
0
フジテレビの開局60周年特別企画。「大奥」シリーズ完結編となる本作では、徳川第8代将軍・徳川吉宗(大沢たかお)が“暴れん坊将軍”として名を馳せていた時代を舞台に、彼を精神的に支え続けた側室・久免(木村文乃)の半生が描かれる。
8代将軍となった吉宗(大沢たかお)は、幕府の経済の立て直しのため質素倹約を旨とした政策を進めようとする。大奥を牛耳る天瑛院(鈴木保奈美)は、吉宗から大奥の実権を奪い返すべく様々な策略を仕掛ける。そして吉宗の寵愛を得ようとする大奥女中の多喜(岸井ゆきの)や吉宗に心惹かれる竹姫(浜辺美波)が、久免の前に立ちふさがる。
今までの大奥では、将軍の寵愛を得て実権を握ろうとする女同士のバトルが、メインだった。
今回は、大奥の実権争いはあるけど、吉宗と久免の夫婦愛がメインになっている。女同士のどろどろしたバトルを期待した人には物足りないけど、大奥のどろどろした嫉妬や怨みの連鎖を断ち切るべく大きな愛で恋敵である多喜や竹姫や敵である天瑛院すら心服させる久免の大きさは、包容力と芯の強さを感じさせる木村文乃にはまっている。情に厚い吉宗は、大沢たかおにはまっている。鈴木保奈美、小池栄子のどろどろした女の怖さ、浜辺美波のキュートなお姫様もステキ。
ayataro

ayataroの感想・評価

3.5
0
大奥シリーズは昔から観てたなー。

昔ほどドロドロではなくなってるけど、豪華絢爛な衣装と、それを身に纏う女優さん達の美しさは相変わらす。



文乃さん、頑張ってましたね。
いつの時代も母は強しです。


お殿様も、今まで見てきた中で一番立派でした!👏
|<

あなたにおすすめの記事