tetsu

コンフィデンスマンJP 運勢編のtetsuのレビュー・感想・評価

コンフィデンスマンJP 運勢編(2019年製作のドラマ)
3.7
映画版の後日談と聞き、観賞後に復習として視聴。

[運勢編]◎
ゲスト:北村一輝、広末涼子、中山美穂
コンフィデンスマン、解散。
ダー子の暴走に愛想がつきたボクちゃんとリチャードは互いに別々の道を歩むことに。
新生活を始めた彼らだったが、その先々には新たな悪人が現れ、各々が相手に立ち向かうことになり...。

これまでチームで騙し合いを繰り広げてきたコンフィデンスマン、まさかの個人戦?!
『ミックス。』同様、後から伏線を回収するという力技に少し肩透かしを喰らいつつも、SPドラマの割に安定したクオリティで十二分に楽しめた。(ほぼ総集編だった『コードブルーSP』には見習ってほしい。笑)

もはやマンガの登場人物といっても過言ではないほど過剰な演技に達してしまった長澤まさみに、『エイプリルフールズ』(同脚本家の過去作)並みの荒唐無稽な展開、ドラマ版の名エピソードには及ばなかったのが正直な意見でしたが、純粋に楽しかったので、 もうそれ以上のことは望みません。笑

映画版から登場した新キャラ・モナコの登場で、男サギ師二人(リチャード&ボクちゃん)のスキルが格段に上がっているところ、全くもってどうやって許可をとったのか分からない『LALALAND』のサントラ、そして、一周まわって『賭ケグルイ*』みたいになってくる展開にも注目です。笑
*こちらも映画化されたドラマであり、同時期に映画が公開されたことを考えると狙っているようにも考えられるが...。笑