ブレンダン

ミス・シャーロック/Miss Sherlockのブレンダンのレビュー・感想・評価

3.5
アメリカで公開される映画の9割は白人男性が主人公だそうです。調べたことはありませんが日本にも似た傾向はあるかもしれません。例えば邦画歴代興行収入ベスト50で女性が主演しているのは『花より団子』と『今、会いにゆきます』の二作だけです。
男性が主人公になると相手役として女性が配置されますがその女優さんは30代ぐらいまでです。考えてみると40代以上でコンスタントに主役を張る女優さんって4、5人しかいなくて、脇に回ったり演技力が評価される作品を厳選して出演したりする人が多い気がします。しかも演じる役どころはいわゆる男性社会の中で生きる「かっこいい女」ばかり。もっと多様な価値観を反映した主人公を考え出さないと女優さんはジリ貧になりますし、何より視聴者にとってつまらないです。
その意味で世界で初めて女性がシャーロックホームズを演じたという意義はかなり大きいと思います。
主人公は天才で変人でファッショナブルで超クール。その上HBOアジアの制作でHuluを通じて世界配信。日本のドラマの停滞感を打ち破る時代の最先端、あらゆる可能性を秘めたドラマです。
日本のドラマがこれから進むべき道を照らしているような気がします。竹内結子さんは現状を打開していける数少ない女優さんだったと思うので残念でなりません。