ブレンダン

俺のスカート、 どこ行った?のブレンダンのレビュー・感想・評価

俺のスカート、 どこ行った?(2019年製作のドラマ)
-
型破りな教師が現代の学校が抱える諸問題に立ち向かうという学園ドラマのテンプレート通りの作品。個人的にはGTOを思い出したのですが 「この役はGTO でいうところの〜」みたいな見方で観ていました。ゲイで女装家の主人公なのは新しいですが言ってることはどこかで聞いたことがあるような台詞で新たな視点とかはないのでイマイチです。
GTO は元暴走族だから「型破り」であることが据わりがいいのですが、このドラマで扱うゲイと「型破り」ってなんら因果関係ないので違和感はあります。
第1話はマスクがテーマでした。マスクをしている生徒は没個性を志向しているわけでこのドラマの目指す多様性とは対極にいる存在なので初回の主人公としては最適です。損得で説得するのはピンボケしてる印象ですし、何より最後マスクは自分の手で外すべきです。
いじめる側の生徒のリーダーが「チクられたマズいんじゃない?」と言われた時になんの根拠もなく平気だって答えるんですが、小物だなと思いました。もっと卑劣で抜け目ない役にしないとチョロい感じがします。
今後生徒の側にもいろんなマイノリティが登場したら面白いかもとは思いました。

第2話を観てみると先生や生徒は案外普通の人たちになっていてイジメなんかなかったみたいになってました。ちょっと見方がよくわからなくなったのでスコアは保留にします。