Mizuki

俺のスカート、 どこ行った?のMizukiのレビュー・感想・評価

俺のスカート、 どこ行った?(2019年製作のドラマ)
5.0
7話あたりからかな、最終話までずっと泣ける。心に響く。すごくおもしろかった。

もうすぐ学生時代が終わる私にとって、机上の学問プラス人生で大切なことを教えてくれる、いてほしかった先生、こうあってほしかった学校環境、の理想像。と言えど、ドラマを通していろいろなことが学べたのでよかった。

内容はかなりヘビー。とくに光岡のカミングアウト。一視聴者として、決して自分みたいな若者の方が、自分の親や祖父母世代より社会への偏見が少ないとは限らないことに気付かされた。日本は海外と比べていろんなことが遅れてる、なんて思ってたけど、奢ってはいけないし、わかったつもり、知ったつもりにもなってはいけないと自負。

ものすごく現代を作品として描くのが上手いと思い、初めてどんな人が書いてるのかなと脚本家に興味を持ちました。また、同じ匂いを感じたので、調べてみたら「部活、好きじゃなきゃダメですか?」と同じ脚本家の方だったので納得。25歳と若い。

余談: Huluで観たが、一話観終わるごとに次の回が自動再生されるのが早すぎる笑 間髪入れずに始まる。Huluは視聴者を離さないつもりだ。もっとゆっくり観ようと思っていたが、まんまと罠にはまった。