TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」に投稿された感想・評価

djrYo

djrYoの感想・評価

4.1
0
とにかくマシュー・マコノヒー演じるラストがいろんな意味でキレッキレ!恐ろしい推理力と考察力に加えて手段を選ばない捜査まで。猟奇殺人犯も大概だったけど、ラストの方が狂気的。相棒のウディ・ハレルソン演じるマーティの方は女好き以外の要素が普通過ぎてさらにラストのヤバさが際立つ。中盤からの流れは圧巻でガッツリ掴まれてぶっ飛んだエンディングまで一気。
Fsuke

Fsukeの感想・評価

5.0
0
オカルトではない。
法螺話でもない。
この世の暗闇の中には、怪物がいる。
カルコサ。イエローキング。
怪物と闘い、傷つき、その果てにコールは宇宙を垣間見る。

あくまで堅実な刑事物でありながら、所々に現れる魔術めいたカットや、主人公の哲学的な思考に説得力を持たせているのは凄まじい。

ボロボロになりながらも、暗闇に光を灯そうと足掻いた男の、魂の救済の物語。
Yukicks

Yukicksの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい出演者の演技とシナリオの構成にどんどん引き込まれていった。何かのサイトに8時間の映画を見ているみたいと評していたがまさにそんな感じだった。
いろいろな紆余曲折を経てから再びタッグを組んだ2人の呼吸のあった調査はカタルシスを感じずにはいられない。
TKSixx

TKSixxの感想・評価

5.0
0
Time is flat circle

これでマシューマコノヒー大好きになった
山前暁

山前暁の感想・評価

5.0
4
TRUE DETECTIVEは………

2014年初頭のベスト・ドラマ・シリーズと言えばNic Pizzolattoによる『True Detective』である。

David BenioffとD. B. Weissらによる『Game of Thrones』Season3(❤️‍🔥)がドラマ・シリーズに(さらなる)大熱狂を呼び込んだ翌年なんです。

Vince Gilliganによる『Breaking Bad』が見事に終わりを迎えた翌年だ。

烏合の大衆に対する各作品の視点がある。今レビューでは、『True Detective』のポップ・カルチャーとの乱反射について語ります(⁉️)。

Lady GagaやTaylor Swiftが時代を席巻した2010s前半、それはフィメール・ポップの時代だったと言って間違いない。オバマ大統領が関係したかどうか(❓)。その後トランプ大統領へと向かうアメリカの行く末が2014年の時点で描けているのですから、表現と言うモノはスゴいですーーつまりPC/正しさにウンザリすること。それを的確にキャラクターたちに特徴づけること。でもこれが南部なんだと言われることに当の人たちがどう反応したのものだろうか(😁)

主人公二人が反社会的な存在であること。

そこに誰もが圧倒的な魅力を感じること。

めちゃくちゃに感情移入してしまうこと。

その人捻りが効いて、物語をやがて入ってはいけない闇の奥へ(⬛️)。

私には二つの印象的な人々の光景があります。どちらもYouTubeからで、今はどの動画なのか分からないけれど、眼に焼き付いた動画です。一つはフィッシュマンズのライヴ映像。真っ暗の中、青い照明が蠢くオーディエンスをとらえる。トリップの感覚。日本の闇。もう一つはFatboy Slimの「Gangster Trippin」がパーティで遊ぶクラウドを猛烈に踊らしている(カメラもブレブレ)映像。世界の光。でもどちらも表裏一体なのだろう(❗️)。フィッシュマンズとFatboy Slim ( https://open.spotify.com/playlist/1mrIE6o8QDcIlyVOqdA7Mh?si=6AFwAxIURGK1lb0kjcXxsg&dl_branch=1 ) もし聴いたことがなければこれはあなたのライフを変えるかもしれない2枚のレコードです(❤️‍🔥❤️‍🔥)。イン&ヤン。Luca Guadagnino。彼がどれだけイタリアを美しく描いたとしても、世界の暗い歴史を隠し覆えなかった事実。こうやって交互に聴くのも『True Detective』的なのです。

本作に登場する女性たちは、叱られたり、セックスの相手になったり、死体になったりします。これはテレビの傾向でした。そこに未来志向の人ならばしばしば不満を感じるでしょう。しかし、そのバランス感覚こそが、このなんにも変わらない最低な現実を、安らぎを感じながら、受け入れる方法なのかもしれません。

そして、最後に、刑事二人が一般市民には危険過ぎるアメリカの闇の奥へと突き進むクライマックスは💯💯💯💯💯ですよね。言葉に出来ない。さいごの悲しい主人公たちの言葉の数々に、それが人生なのかと想わずにはおれませんでした。だからこそ私はFilmarksのアイコンをMatthew McConaugheyが演じたRust Cohleにしたのです。

………永遠のマスターピースです
ともぞう

ともぞうの感想・評価

4.0
0
ニンゲンの光と闇
マシュー・マコノヒーさんの
圧巻の演技。
春

春の感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

機関銃ぶっ放すマシューマコノヒーかっこよすぎ。基本出てくる人みんな自己中だけど、マーティンは抜きん出てる。浮気しまくってるくせに浮気されたら暴言暴力(未遂)?浮気相手が浮気してたら相手の男殴る?は?全部自分のものにできると思ってる最悪なジャイアンタイプ。
穂苅太郎

穂苅太郎の感想・評価

4.1
0
8話もあればだれたり飽きたりすることがあるが、最初から最後までトイレに行く暇もなく画面から全く離れることができなかった。もうすごくよって生きてるとしか思えない。

もう映像作品の代表は映画じゃないのかもしれない。
ザック

ザックの感想・評価

4.5
0
マシューがすごい
vocca

voccaの感想・評価

3.9
0
不健康な悟りを開いたソシオパス気味ラストさんが、下半身の制御が効かない相棒マーティと執念の捜査で犯行を止めたい話。

美術や脚本等作りが丁寧で
集中して観たい人向け。

ノートが登場してから
いあ!いあ!待機していたけれど、
特に出番は訪れなかった。

ナチュラルメイクのクオリティも見所。