TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」に投稿された感想・評価

gan

ganの感想・評価

4.2
0
ROY

ROYの感想・評価

4.5
0
刑事の呪い

独特の質感。完全に乾いてるわけでもないし、少し湿っているわけでもない。クセになる。

3話の最後でやっとパトランプが鳴ったのちょっとアガった。

EP4ラストの長回しは凄い迫力

EP5でマーティがPink FloydのTシャツ着てた

EP6は色々ヤバい。銃からのリアウィンカー・アングルかっこいい。

EP7のラストは、『マインドハンター』みたいな終わり方で好き。

EP8、ハラハラ。こんなときに。宇宙。

光と闇



脚本素晴らしい

「暗闇の中、私たちはむなしさを告白する。機械の町の悲しげな音はまるで獲物のうめき。消え去り、忘れ去られた子の苦い味、隠された顔。闇の欲求、時の停滞、清算できない過去。彼らが飲む毒の前に写真も意味を失う。一瞬の栄光を前に光は消え始める。水上を歩く死者、血管には冷たい血。雨の中に踏み出すと怒れる川があふれる。
マシューマコノヒーが好きなので鑑賞したようなものですが
ひとつのドラマの中でこんなに別人みたいになれるのは本当にすごい。

前半はストーリーの進みがゆっくりなのでやや退屈した部分もありましたが
後半から一気に面白くなって止まらなくなりました。

最後に真犯人がすでにあの場面に出ていたと聞いてもう一回見直しました。
全然怪しくない演出な上に他のことに気を取られてあれは気付かない!上手いな。
pilaf

pilafの感想・評価

3.7
0
んー
8話目は面白かった
(ラスト回だった)
イカれてるを連呼してる割にイカれてる感あんまなかったけど
何で評価が高いのか気になる~
しょーた

しょーたの感想・評価

4.8
0
マシュー・マコノヒー1番好きな俳優になりました。ウディ・ハレルソンも良かった。キャストが神なのと、脚本も神。そら刑事ドラマの頂点って言われる。

内容に関しては、前半はそれなりの面白さあったし、6話以降は最高。ちょっと暗いしシリアスで宗教絡みやったから無理な人は無理やろうけど、僕はこういうの好き。

途中ちょっと日空けてしもて、人物1回しか出てこーへんこと多いから名前と合わんなってイライラしてました。なので−0.2点で。悔しいぜ。一気見おすすめです。
LIMONE

LIMONEの感想・評価

2.5
0

このレビューはネタバレを含みます

え?
犯人って…え?
と思ったら最後にどんでん返しが…ない?

脚本は知的ではある
が、伏線回収し切れてないよーな気ガス
記録用
gts

gtsの感想・評価

4.3
0
見応えあって最高だった

マジで
iiinode

iiinodeの感想・評価

4.0
0
https://youtu.be/uZaxR1Zo5c4
ten

tenの感想・評価

4.6
0
湿り気のある陰鬱な空気愛好家の方、こちらに用意あります。
イカれ宗教物の気味悪さが好きなので題材もよく、加えてバディ物という好きの掛け合わせでノックアウト。バディ物だけど馴れ馴れしくないし妙にガツガツした喧嘩をするわけでもないし、バディ要素に凝りすぎないのが押し付けがましくなくて良い。ナチュラルなのよ。最後の最後だけおらよ!バディ物ったらこれっしょ!みたいなはっきりした友情があって不意打ちに感動しちゃった。コール役の俳優マシューの演技もすごいので見どころ。

イカれた宗教といっても、実はあまり詳細や生々しさは語られないのでちょっと物足りず。沼の信仰をもう少し掘り下げられていたら、最終話でコールが辿り着いた世界の真理がもっと輝いたはずなのだけど。

雰囲気は、「ツイン・ピークス」のじとじとした暗い空気の継承ある。こういう空気愛好家一定層いると思うし私もその1人なので大変心満たされました。暗くて重いのが良い。コールが時々ぽつりと呟く「この街ヘイト」がメランコリックに効きまくる。「肥料の枯れた何も成長しない街」こそメインストリームにはない鬱屈さを抱え可能性を秘めてるしゾクゾクする。私の一生の関心事。


「この街の人間は、外の世界があることも知らないみたいだ。月に住んでるみたいに」「人間の意識は進化上の悲劇的な誤りだ。自意識が過剰になった。自然界にそぐわない存在だ。人間は存在すべきでない」「自己があるという錯覚に人間は苦しむ。知覚経験や感覚が増大することで自分は何者かであると思い込むんだ。実際は何者でもない」「組み込まれたプログラムを人間は拒むべきだ。繁殖をやめ、手を取り合って絶滅へ向かう」ep1
「人は幸せに無自覚だ。あんたらもこう思う時があるだろう、人生が指の間からこぼれていくって思うときが。未来は通り過ぎてしまった。いつも後ろにあったと」ep5
「この土地は嫌いだ。何もまともに成長しない」ep6
「闇の下には別の世界があった。より深くて温かい。本質の世界だ。そして俺は感じた、そこに俺の娘がいるのがわかった」「俺は自分がかつて愛したものの一部。俺たちは一緒に消えていくんだ」「お前間違ってるぞさっきの空の話。前は闇一色だったが、今は光が優勢だ」ep8
>|