ShinMakita

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <セカンド・シーズン>のShinMakitaのネタバレレビュー・内容・結末

2.0

このレビューはネタバレを含みます

これは、3人の警察官と1人のギャングの物語。


ロサンゼルス郡のはずれにある工業地域ヴィンチ市。市警察刑事レイ・ベルコロは、上司から特別任務を命じられる。市の市政管理官ベン・キャスパーが数日前に失踪したため行方を追えというのだ。ベルコロは相棒ディクソンと共に捜査を開始する。
同じ頃、ヴィンチ市の実業家でカジノオーナーとして知られるフランク・セミョンもキャスパーを探していた。フランクは裏社会のボスとして市の麻薬・売春業界を牛耳っていたが、近頃足を洗ったばかり。カリフォルニア州が新たな鉄道を敷くことになり、値上がりを見越して沿線の土地を購入しようと考えたフランクは、土地の手付けとしてキャスパーに500万ドルを支払っていた。しかしキャスパーはカネを持ち逃げし、土地売買契約を済ませていなかった。フランクはベルコロを呼び出し、何としてもキャスパーを見つけ出せと命令する。実は数年前、ベルコロの妻がレイプされる事件が起き、その犯人に報復する際に手を貸したことから、フランクにはベルコロに貸しがあるのだ。ベルコロはキャスパーのオフィスや家を調べるが、手掛かりはない。しかし家は荒らされており、キャスパーが何者かに拉致されたのは明らかだ。

カリフォルニア州ハイウェイパトロールの白バイ警官ポール・ウッドルーは、若いセレブ女優のスピード違反を取り締まったことで恨みを買い、身に覚えのないセクハラで告発された。おかげで停職となり、自暴自棄に陥るポール。深夜バイクを飛ばし自殺しようとするが、ヴェンチュラ郡の国道沿いで男の死体を発見してしまう。

ヴェンチュラ郡保安局の捜査官アニー・ベセリデスは、ベラという若い女の失踪届を受理した。しかしその直後、国道で死体が見つかったとの報告を受けて臨場する。それはハイウェイパトロールのポールが見つけた死体…ベン・キャスパーだった。

キャスパーを追っていたベルコロ。死体発見者のポール。管轄で事件を受理したアニー。州はこの所属の違う3人を組ませて特捜班を立ち上げ、キャスパー殺害事件の捜査に当たらせる…

➖➖➖

…ベン・キャスパーの身辺を洗っていくと、汚れきっていたことが判明する。セックス依存症で精神科医ピトラーの治療を受けており、何人もの売春婦と関係を持って隠れ家に連れ込んでは動画を撮影していたようだ。さらに土地転売業社〈カタリスト〉と癒着しフレズノ郡の汚染地域を買い叩こうとしていた。またヴィンス市長チェサーニとも懇意で、チェサーニの息子トニーと何かビジネスもやっていたらしい。しかし家族はなく、財産は貸金庫に入れてあったブルーダイヤだけ。いったい誰がキャスパーを殺したのか?捜査が難航する中、突然手掛かりが現れる。キャスパーの腕時計が質屋で見つかったのだ。質入れしたのは売春婦のイリーナ。そのポン引きはリドというメキシコ系ギャングだ。ベルコロ、アニー、ポールらはリドとイリーナがキャスパー殺しのホシと考えアジトを急襲。しかしそこが麻薬精製所だったため、マシンガンによる猛反撃を受けてしまう。ベルコロらは何とかリドを倒すが、現場は警官や一般市民を巻き込んだ一大虐殺場と化してしまっていた…

➖➖➖

500万ドルの回収が不可能となり、再び裏社会に戻ったフランクは、大虐殺事件を機に市警察を辞めたベルコロをボディガードとして雇い、裏社会に戻っていく。
大虐殺事件から2ヶ月後、ポールは州警察に再雇用され詐欺捜査部門に回された。そしてアニーは大虐殺の責任を取らされ証拠保管室に左遷される。暇を利用し失踪人ベラをもう一度調べようとするアニーだが、そこでベラの遺留品からブルーダイヤの写真を発見する。ベラ失踪は、キャスパー事件と関係があるのだろうか?同じ頃、フランクの秘書ブレイクを内偵していたベルコロは、ブレイクがピトラー医師とトニー・チェサーニと組んでセレブ相手のセックスパーティを主宰していることを知る。このパーティが、以前キャスパーの〈仕事〉だったのではと疑ったベルコロは、アニーやポールらと組んで再びキャスパー事件の真相を追うのだった…


「トゥルーディテクティブ2」

前作の主演マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンが製作を担当、ワイスピの監督ジャスティン・リンが監督したミニシリーズ。タランティーノが貶したせいか評判が悪いけど、決してつまらなくはありません。

主演はコリン・ファレル、レイチェル・マクアダムス、テイラー・キッチュ、そしてヴィンス・ボーン。なかなか豪華です。

しかし、刑事3人ではなく、ギャングのフランクがストーリーのメインになっている時点で「ディテクティブ」じゃないってのは何とも(笑)。
前半と後半でタッチが変わるのも特徴。アニーがセックスパーティに潜入するくだりなんか、もはや刑事ドラマじゃないし。ま、軽くオススメ。