うっちー

ロマンスは別冊付録のうっちーのレビュー・感想・評価

ロマンスは別冊付録(2019年製作のドラマ)
3.5
ネトフリでやたら予告が入ってくるので気になって鑑賞。バツ一の美人元コピーライターが、再就職に奮闘するお話。個人的に凄く興味ある韓国の出版業界が舞台なのでそういう点は面白い。だけどだけど、どんどんご都合主義な展開、そして生クリームとチョコたっぷりのパンケーキに甘みたっぷりのミルクティー併せて出されたような、甘ったるい主演ふたりのやりとりに恥ずかしくなってくる。なんなんだよ💢
ただ、サブキャラクターたちがなかなか個性的で、ワーキングウーマンの悲哀とか、子育ての苦労とか、アラサー&アラフォーあたりの女子の悩みとか、現実的な問題にコミットしてる痕は見受けられる。まあ、ちょっと粗いけど。
ツンデレっぽいチャン・ウノのデレデレ男への変貌、ダニが本当にウノに惹かれたのかよくわからない、というのが個人的には最大の謎。しかし、ダニ役のナヨン氏のかわいさ、美しさは見もの。誰も異論挟めないな、これは。夏目雅子のうんと若い頃(清純ヒロイン時代)みたい。関係ないけど、ソジュン役の俳優さん、星野源をわかりやすい男前に改造したようなルックスだなぁと感心しました笑。