koya

潤一のkoyaのレビュー・感想・評価

潤一(2019年製作のドラマ)
4.0
志尊淳演じる謎の青年、潤一と6人の女たち。
タイトルからすると主演は志尊淳かもしれませんし、確かに6話を通して共通し、女たちが惹かれる青年は潤一。

しかし、毎回、描かれるのは女たちの孤独かもしれません。
少なくとも私にはそう見えました。
臨月の妊婦なんてちょっと危ない気もしますが、ふと、「ギリシャ彫刻のような横顔」をした美青年に目が釘付けになる一瞬がある。

志尊淳のルックスはまさに旬の美青年でこれより若くても、年をとってもいけないと思う。とても刹那的な人間関係を切なく描いたドラマでした。

6人の女たちは年はそれぞれですが、どこか不安や不満を抱えていて言葉にできない。
幸せなはずなのに、不倫と割り切っているはずなのに......そのふと心にできる隙間にするりと入り込んでくる青年。

潤一という青年はぶっきらぼうですが、関係を持ってもさっといなくなるときはキレイさっぱりいなくなる。
人との出会いも大切だけれども、キレイな別れ方というのも大切ですね。