そして、生きるのネタバレレビュー・内容・結末

『そして、生きる』に投稿されたネタバレ・内容・結末

控えめに言って地獄。主役2人はくっつきません。
でも、タイトル通り、どうしようもなく人生。

・光石研めっっっちゃいい役もらったな。最期のシーン泣きそうになった。「俺が命をかけて守ってやるからな」っ…

>>続きを読む
シンプルにあの元KARAの人が嫌いですこぶるイライラした。
不幸のデパートだった
こんなエンドでは解消できん
現実味なんていらないから黙って結ばれろと思っちゃう
辛かったり悲しかったりという感情を乗り越えながらも前を向いて生きる姿がかっこよかった。私なら絶対にできない。強く生きたい。

・震災のことを思い出して辛くなる。
・瞳子の男運、家族運、人生においてのタイミング。全部無い。
・和は自分の誕生日が祖父の命日であり、父親が逮捕された日でもある。一生毎年自分の誕生日を呪いはしないだ…

>>続きを読む

被災地気仙沼で出会った瞳子、ハンユリ、そして清隆の人生を描いた物語。

それぞれが自分の生き方に葛藤し、安易に迎合せず、もがきながら生きる道を見つけていく。

ハンちゃんの明快なところが好き。自分に…

>>続きを読む
事件起こりすぎだけど岡山天音かっこいいとこあった結局クズなんだけどさ

守るべきものの存在
 責任が
 生きる理由になる

【2011年を忘るな】

自然の脅威

世界中から
あたたかい善意が寄せられた

地続きに今がある。

2020年世界が一変する前の
ドラマ。

>>続きを読む

東日本大震災、気仙沼が舞台となり、ボランティアで知り合った若者たちの生きる道を描いたストーリー。純粋だったあの頃。心を痛めた大きな災害に心から力になりたいと時間を費やした日々、瞳子と清隆は恋に落ちる…

>>続きを読む

ずっと気になってた作品!
妊娠したこと、相手の事を想って言いたくない気持ちは分かるけどやっぱり言わなきゃダメだよね💦
清隆はあんな事件があったのによく乗り越えられたと思う。ハンちゃんの考えや生き方が…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事