コールドケース3 ~真実の扉~のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「コールドケース3 ~真実の扉~」に投稿された感想・評価

ASKA

ASKAの感想・評価

5.0
0
どの話も内容が濃くて好き。
特に6話での最後に百合の感情が大きく動くシーンで話の展開でグッときた。これはアメリカ版との違い観てみたいなぁーと。きっとアメリカ版やったら正義を貫きそうな気がして。あとは8話で立川が雨に打たれて謝罪するところ色んな思いを考えると観ながら涙止まらんかったな。ああいうのはもう誰を恨めばいいのか分からなくなるし誰かが悪いとも簡単には言えなくて観てるの苦しくなった。
Keicoro

Keicoroの感想・評価

4.7
0
ちょうど、オリジナル版のシーズン3も観ていて、元にしたと思われるストーリーがあった
ほとんどストーリーまんまでよく出来ているんだけど、それぞれの面白さがある

チームの人たちそれぞれのストーリーもオリジナル版に寄せていたのもへー、と思ったり
オリジナル版は23話、日本版は10話なので短縮して盛り込んだかな、と感じたけど

wowowドラマの中でもかなり、好きなシリーズ
アレ、今回最終話だったよなあ、、と言う印象
終わってしまったのは残念だけど、
シーズン4に期待✨
ともやん

ともやんの感想・評価

5.0
0
オリジナル版も全て見ましたが、同じ設定にもかかわらず、全く違う魅力を感じます。次のシーズンも楽しみです。[Feb 14 2021]
しおり

しおりの感想・評価

5.0
0
このドラマのためにWOWOW加入。
シーズン1・2と同じく全キャスト、スタッフのすべての力が集結してるのがひしひしと伝わる素晴らしい作品でした。
シーズンを重ねるごとに立川沼にどんどんハマっていきます。8話汚名、最高でした。
ゲストだと5話の松澤匠さんの、6話の山口紗弥加さん、8話の竹原ピストルさんが印象的でした。
探偵が早すぎるのファンとしては、滝藤さんと水野美紀さんが元夫婦の設定なのが熱かったです。
最終回のエンドロールの昇る太陽をみるかぎり、必ず次回作をやってくださると思うのでとても楽しみにしています!!!
ひい

ひいの感想・評価

4.7
0
瀬々敬久さん脚本回の”壁の女たち”が圧倒的

豪華ゲスト、豪華脚本陣、制作スケール、どれをとってもさすがのWOWOWクオリティ

移植と児童への性虐待
芸能人を生きるということ
時代から取り残されるということ
生きること自体の絶望
DV
男女差別
冤罪
中国残留孤児と外国人差別
虐待の連鎖

先鋭的なテーマをどこよりも早く深く扱うその姿勢に感服
よっぺい

よっぺいの感想・評価

5.0
0
めったに満点つけませんが、このドラマには参りました。

まずキャストがいい!

吉田羊=できる女刑事。下手な男性よりサッパリスッキリ
光石研=優しい優しい長男って感じです。控えめなところがいい。
滝藤賢一=毒ついた刑事。でも大好き💕
永山絢斗=素直な若さあふれる刑事。
三浦友和=落ち着いた演技がいい。チームのお父様って感じです。個性の強い皆をよくまとめてます。

みんなチームワークが良くて難解な事件もサクサク解決します。
毎回の豪華ゲストもいい。

単なる事件解決に終わらず、そこに潜む人間ドラマが面白く、事件の解決後のクライマックスに流れる音楽のチョイスもいい🎶

ミスチルや最終話は、ワンオクでした💕
シーズン1.2は微妙でした…
でもシーズン3は女性問題などテーマも重く、文字通り“重厚”な作品。
最終話で泣きました。

『温もりを知った人間は人を愛することができる』

心に響きました。
最終回じゃない感じ。
次シーズン待ってます!!

コールドケースの特徴でもある、亡くなった方の姿が現れる描写により、石川の妹の沙耶は最後どうなったのか分からなかったけど、WOWOWオンデマンドのスペシャルトークで解明!!

ますます次シーズンが観たい!

スペシャルトークも楽しかった。
Ryou

Ryouの感想・評価

4.3
0
今作は1話目2話目から
本気出してきたなって感じ
そして今回もそーなんだけど
3シリーズ全部4話目が凄いのよね
しかしそれ以上に凄いのは5話目
8話目と10話目も良かった
エンディングにミスチルとか最高

江口洋介 緒形直人 戸田菜穂 有村架純
中村トオル 松澤匠 山口紗弥加 黒木華
内田慈 竹原ピストル 水野美紀 富田靖子など
豪華なゲスト陣が揃う中
最終回の北香那が印象に残ったのと
松澤匠 山口紗弥加 富田靖子が
特に良かった 凄かった
シリーズ通して吉田羊と滝藤賢一もずっと良かった
ユンファ

ユンファの感想・評価

4.5
2
WOWOWで観たい番組がほとんど放送されていないにも関わらず、オレが契約を続けるのは「コールドケース」のためだと言っても過言ではない。
もちろんオリジナル版も素晴らしいが、動機や殺害方法、取り上げられる数々の社会的または個人的問題まで日本独自のアレンジが効いており、昨今増加傾向にある海外ドラマの和製リメイク作品としては間違いなく最高傑作。しかも、シーズン3まで製作されてなお、全くクオリティが落ちていない。
有料放送だから中々ハードルが高いと思うが、「アンナチュラル」や初期の「相棒」が好きな人は確実にハマることをオレが保証する。

シーズン3では5話と6話が印象的だった。でも1・2話も良かったし、8話も刺さったなあ。さっき観終えたばかりの10話の余韻も消えないし、結局全部良かったわ。
にしても、今回は最近の事件が多過ぎる気が…あと、選曲してる人ワンオクとミスチル好き過ぎだろ。
シーズン4を待ちながら、WOWOWに課金し続けるとしよう。