SaturdayNight

しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜のSaturdayNightのネタバレレビュー・内容・結末

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エッグスシングスのお話。
実在の人物がモデル。縄野由夏さん。
ロコの夫婦が1974年に創業したエッグスン・シングスを、2008年に引き継いだ二代目オーナー。30代後半の時のことなので物語とは異なる。

まだ行ったことないけど
行きたくなった〜!!!今更…

さて内容について…
非常にすがすがしくて
心あったまるし
前向きな良い物語だった。
無意識に自然とにんまりしちゃっていた。
スピッツもしみる〜。
最初のハワイでタクミくんとバイバイするときに流れてて切なかったのが印象的。

キャストも良かった。
最近気になってた女優…これまた今更だが。川口春奈ちゃんがまたかわいい。
いい表情するし、お父さん役の時任さんとの関係も素敵。
横浜流星もイケメンだし。まさかの怪我でサーフィン諦めることになったのは残念だったけど、お父さんのお店継いでくれて良かった。
財前直見も綺麗だし。いいお母さんだわ。
友人でいうと、吉川愛ちゃん好きだな〜
何に出ててもいつもいい演技。存在感ある。
ハワイで出会ったタクミくん。薬丸翔。
薬丸裕英(ヤックン)の息子なんだ。知らんかった。独特な雰囲気!笑ってるのに困り顔なとこがまた優しい感じでいい。

何気に、坊さんおじさん(小市慢太郎 )が
所々に良いこと言う〜!

而今 →仏教のことばで。にこん。
いま、今この時をおいて他にはない。という意味。過去を振り返らず、未来を恐れず今を懸命に生きろという教えだ。
(余談。而今…じこんって読みで日本酒があった。純米吟醸で美味しそうだったわ)

とか、

人は宝だ。ときには足を止め、友の意見に耳を傾けることも必要だぞ。とか。

坊さんに相談できるっていいなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )