0821

僕だけがいない街の0821のレビュー・感想・評価

僕だけがいない街(2017年製作のドラマ)
3.7
途中までは映画とほとんど変わらなくて退屈に感じていたものの、結末に向かって差が出てきて、自分の記憶違いでなければ「僕だけいない」の意味もまるで別だった。「いない」の部分については1番大事なところのはずで、ドラマ版の解釈の方が地味で深くて気に入った。しかもその辺をじっくり噛み締められる落ち着いた最終話。この終わり方は藤原竜也さんではないよなとは思った。