もりはな

監察医朝顔のもりはなのネタバレレビュー・内容・結末

監察医朝顔(2019年製作のドラマ)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

死と向き合うのは簡単ではないし、すぐでもない。人生が進む中で、何度も取り組んで、だめで、少しわかって、また向きあおうとする。丁寧に繊細に暖かく描かれていた。

最初は、同じ法医学に焦点を当てたアンナチュラルが話題となったことで、どうしても後発作品は比べてしまい、登場人物の感情表現や物語の謎、スリル感などは地味に感じられました。

しかし、2話3話といつのまにか最後までみていました。アンナチュラルと異なる雰囲気をもつ、劣ることのない素敵な作品でした。

主人公の子供の演技もとても自然で可愛らしいです。