梯子ダルマ

SUPERGIRL / スーパーガール<サード・シーズン>の梯子ダルマのレビュー・感想・評価

3.7
色恋沙汰とか、ヒーロー活劇とか、色々要素あるけど、スーパーガールはやっぱり“家族愛”だなぁ。ジョン・アレックス・カーラの3人がとても愛おしい。ウィンとジェームズの兄弟感も。

最終回、フラッシュ、タイムレイスの既視感が邪魔してしまった。フラッシュS1の“タイムミラージュ”の設定が今となっては謎だけど、ビジュアルとしてはかなりイカしてたなぁ、と、今回のチープな水色の波を見て、思ってしまいました。笑

あとシリーズものは「レギュラーキャスト交代のためのストーリー」みたいなのがどんなに頑張っても見えてしまう、取ってつけた必然性が隠しきれないのが、なんとも…。「旅に出る」は「レギュラーから降格」の隠語だよなぁ。キッドフラッシュとか…。もちろん、役者自身の都合もあるとは思うけどね。上手いことやったのはアローのロイぐらいじゃないかな。彼もシーズン7では活躍するみたいなので、そういう離脱も長期的な目で見れば美味しいのかもだけど…。

んで、ラストカット。「好きだねホントそういうの〜」と、声に出してしまった。