叡福寺清子

SUPERGIRL / スーパーガール<サード・シーズン>の叡福寺清子のレビュー・感想・評価

3.1
本当はもうちょっとスコア高めでも良かったのですが,ある点が鼻についたのでちょっと下げました.
クリプトンの神話や伝承を中心とした文化に触れるシーズンでした.地球にいる二人以外絶滅したと思ったクリプトン人が大量出演,そしてラストバトルの敵はプリキュアだし,ドラゴンボールでお馴染みの台詞まで登場とサービス精神旺盛すぎでそ.また人事異動も激しく,特に退場組が大勢出てS4の早い回はとっ散らかるんじゃないかと心配するほど.
で,アローバースの中でも特にリベラル色の強いスーパーガールですが,S3でますますその傾向が強くなってきました.もちろんジミーが抱える人種差別問題は保守革新といったイデオロギーとは無関係に解決すべき事柄です.がEP4のカトリック信者の男性をネタにして笑ったり,銃規制ネタとしてDEOが高殺傷能力の武器を削減する方針を打ち出したりと,タカ派の強い私には憮然とするネタが散見されたのがちょっと気に入りませんでした.もちろんモーガン・エッジ・タルボット准将の言葉に共感すること多々ですし,そもそもレナ・ルーサーはどれ程否定しても,モーガン側の人間じゃん.ハルンケア・・・じゃない,ハルンエルの扱いみてもわかるでそ・・・
さて,S4は再び異星人排斥運動が激化するみたいですが,どーせトランプ大統領に絡めるんでそ.はぁヤダヤダ.