akimu

SUPERGIRL/スーパーガール<フォース・シーズン>のakimuのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

4シーズン目にして最高傑作。
我慢して見てきた甲斐があった。

ファーストシーズンからずっとマイノリティや異端者、疎外された人々への優しい眼差しとヘイトや差別への批判。異文化、異人種を受け入れ協調し共に生きることがずっとテーマだと思って見てきたけど、
第4シーズンはさらにシリアスにヘイト問題に取り組む脚本となっている。
差別する側を100%の悪ではなく、そうなるに至った経緯まで描き、さらに差別される側がそれに暴力を持って対抗することの是非も問う。
両者の立場に立ち、共感し理解しあい、共に生きていくためにはどうしたらいいのか。

絶対正義だったスーパーガールですらヘイトの対象になる世界で、最後はカーラの書いた記事が人々を目覚めさせることになるのだけれど、メディアが対立を煽ってる現象はきっとアメリカにもあるんだろうなと思わせられた。

人種間だけでなくいろいろな場でヘイトや差別が蔓延していて、何が正しいことなのかわからなくなる世の中で、絶対的に信じられるスーパーガールがいる世界を羨ましいと思ってしまう。
まあ、だから人はヒーローに憧れるんだろうけど。

レックスの悪役っぷりは流石。
レナが闇に堕ちていくのか、次のシーズンも楽しみ