うるゆん

だから私は推しましたのうるゆんのネタバレレビュー・内容・結末

だから私は推しました(2019年製作のドラマ)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

2019年夏にNHKでの放送を視聴、2021年6月にCS一挙放送でも視聴。

「推すって愛だ」これは名言。ファンにとってはアイドルが生きる糧だけど、アイドルにとってもファンは希望なんだな…

誰と話してるのかな?から始まり、タイトル回収も見事。ドラマを見続けてると、劇中の地下アイドル「サニサイ」みんな可愛く見えてきてつい応援したい気持ちになってしまう。しおちゃん好き。(セリフ少ないけど!)

少し前までアイドル=虚像だったけど、アイドルも一人の人間=当たり前で過去も裏垢も暴かれてしまう現代。
更に地下なのでファンとアイドルの距離も近くて応援しやすさがある反面、かけひき感情の難しさ・金銭面の過酷さ・行き過ぎたガチ恋思考の人がいることまで描かれているのがリアル。

自分とよく似た人に惹かれて推すと決めた愛さんがドハマリしてるのに自分はヲタクじゃないと言い張ったり、その割に小物やインテリアやデスクまで黄色や卵柄になっていく新規ハイな姿微笑ましい。自分が人目を気にして生きてきたことに気付けたり、人間関係にも変化が訪れたり、結果的にハナに出会えて良かったのかな。
小豆さん口悪いけど優しくて良い人だなぁ。応援する気持ちも仲間思いなところも決してブレなくて、推しを持つからにはこういう人でありたいなと思ったりする。