TWO WEEKSのネタバレ・内容・結末

「TWO WEEKS」に投稿されたネタバレ・内容・結末

三浦春馬が気になり視聴。
過去で色々繋がってておもしろかった!
はなちゃん可愛いし、三浦春馬かっこよかった!!
はなちゃんもパパのことが好きだし、元通り3人家族で幸せになってほしいけど、結城がいない間、はなちゃんとはなちゃんママを支えていた刑事さんがいい人すぎたので刑事さんも幸せになってほしい!
みんな幸せになりますように!
 「家族も友人もいない男が、初めて出来た"大切な存在"を守る」役を演じてる三浦春馬があまりにも最高でした。娘役の子もめちゃくちゃ演技うまかった…。結城大地には幸せになって欲しいな。
7話からしか見てなかったということで、全話見直し、、

2週間長かったなあ〜

サトル生きててほしかったな、、
はなちゃん終始かわいかったな、、
リアルタイムで観ていて、エンディングが流れて凄くビックリしたのを覚えている。話す声とのギャップにやられて。アマプラで再見。春馬君は躍動していて、面白かった。映像の中に生きている。頑張った作品を楽しむことが供養になると信じて。
この作品の設定がいかにも韓国ドラマだと、あり得ない設定にしらけるなど、視聴率が良くなかったからか、辛口記事も読んだ。

しかし、バイアスなしで純粋に、一気に観た感想として、なぜそこまで評価が低かったのか、疑問だ。

まず間違いなくアクションシーンが素晴らしい。テンポよく、ドキドキハラハラの連続。三浦春馬君は他の作品でもよく走ってるイメージがある。今回も逃亡中キレキレの身体能力を見せつけた。灰谷役の磯村さんとの対決シーンは毎回見応えがあった。

柴崎との対決シーンは、迫力満点で、首にナイフを突きつけられ、結城の目が充血していく時は、どうなるか本当にハラハラした。最終回の対決シーンは、最後の最後までハラハラした。

柴崎からはなめられた存在。実際ろくでなしだった男が、白血病に侵された我が子の存在を知り、なりふり構わず、彼女の為に命をかけて悪の巨大組織と闘う父親の姿が尊く、どんどん結城大地に引き込まれていく。

子役のはな役のクルミちゃんがかなりかわいい。素晴らしい愛らしさだ。三浦春馬君が心から可愛がっていたのもよくわかる。

ふとした瞬間に、空想ではなちゃんがパパと対話するシーンが折り込まれる。
結城が愛娘に見せる表情が、たまらない。父性を感じる。愛おしく、無垢な存在に、心が浄化されていくようで、結城のあの表情に、見ている方も笑顔になる。


回想シーンで、大地とすみれとの悲しい別れ、妊娠の喜び、出会い、キスシーン、誕生日、映画デート、など織り込まれている。

危なっかしく、ぶっきらぼうでどこか謎な男。なんとなくいつも寂しげ。人生を諦めてる。でも心根はすごく優しい大地。

彼を全て受け入れたすみれを見るにつけて、2人は純粋に恋愛し、はなが生まれたんだと確信する。すみれは大きな瞳で、彼の本質を見ていたんだな、と改めて思った。比嘉愛美さんの芯が強い美しさが光っている。


ラストのキャンプ場のシーンは、三浦春馬君が理想の家族として語っていた事とリンクして、今となっては泣ける。
はなにふさわしい、パパになるまで時間くれるかな?と言う結城には、誠実さを感じる。

結城に、心底幸せになってほしいと思うラストだった。振り返った笑顔が忘れられない。

エンディングで流れる、fight for your heartは、ドラマの世界観にぴったり。ドラマを押し上げるために、尽力した俳優魂には尊敬しかない。
毎週欠かさず見てた。ドキドキハラハラする。
パパ姿がすごい似合ってるし、ワイルドな見た目もかなりかっこよき
春馬さんが亡くなってすぐに観た。
韓国ドラマのリメイクだと思うけど、毎回ツッコミどころが30箇所くらいあった。

高島政信さんの演技が本当に気持ち悪くて(役柄的に褒め言葉です)、二度と観たくないと思うくらい。

ラストで三浦春馬さんが子供を抱き上げるんですが、お腹がチラ見えして、それだけで全て満足しちゃったという個人的感想です。
三浦春馬くんずっとにげてます、とにかく逃げてます。くずだったのが最後は良いパパに?最後は服装までさわやかに、、、
人間関係の予測は出来たけど、流れとか先が全く想像できなくてそこの面白さが凄かった!
他にはない作品。特に、出てくる人の人柄が珍しい気がした。
いい人がとことんいい人で、お願いだからもう幸せになってって心の底から思える登場人物が多かった。
各々複雑な気持ちがありつつ、自分より人の事を考えられる人達で見てて辛くなった。けど温かい気持ちにもなった。皆んなが幸せになればいいのにそうはなれないのもわかるしで色々考えさせられた!

1日で見た。
>|