夜飯

凪のお暇の夜飯のネタバレレビュー・内容・結末

凪のお暇(2019年製作のドラマ)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

あっという間に見てしまった。話のテンポもいいし、テーマもいい。恋愛というより人生についてのドラマだったなぁ…

空気読める、読まない、読めない、色んな人が出てきて、それぞれの抱えてる悩みも考え方もとてもよかった。黒木華ちゃんがとにかく愛おしくて、この役柄にめちゃくちゃハマってた。素朴で自然な明るい笑顔がよかったなぁ…。

バーのママが言ってた、話が上手い下手じゃなくてその人に興味がないから話が上手く続かない、って話がめちゃくちゃ刺さった…。上辺だけのわかる〜じゃだめだよねそうだよね…

凪が自分なりのお暇をして、本当に自分がやりたいことを見つけられたのが素敵。自分が今まさにやりたいことを見失って悩んでいるので、とても勇気づけられた。

大きく成長したゴンや慎一のどちらにも靡かず、自分一人で新しい生活に踏み出せる凪……………。わたしも頑張ろ!!ってなるドラマ。


ゴンさんに別れ話をしたときに凪が「ゴンさんは私にとってちぎりパンのような人なんです!」ってあわあわしながら説明してたシーン大好き…、、、凪とゴンさんの空気感すきだったなぁ……………
それにしてもゴンさんの沼ったらヤバいの分かるのに沼にズブズブになっちゃうな感えぐい程わかる…うなじが丸見えな服とか、隙だらけで危うい感じが…………最高…………。キャスティングもキャラクターみんな良すぎた。

良いドラマでした…
行き詰まって窮屈を感じている人におすすめしたいな