夜のエンスト王

ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズの夜のエンスト王のレビュー・感想・評価

3.8
1月下旬には見終わっていたのに、すぐにはレビュー出来なかったし、しようと思わなかった。しばらく余韻がほしかった。
それぐらい❔だらけの今作。正直、毎話退屈と感じた瞬間はあった。えげつないくらい長いワンカットがいくつもあるのだもの。メチャクチャ挑戦的で芸術的なドラマだった。

あまりにも分からな過ぎてYOUTUBEで映画系の考察を面白く行っているチャンネル『守鍬 刈雄のお暇なら映画でも』に駆け込んだ。YOUTUBEなのに約3時間の考察でかなり長いけど、これでも簡略してるぐらいにこの作品は濃密。このチャンネルはオススメです。

https://www.youtube.com/channel/UCOCIYvBw9MiicB2AIRrPKGA


上記の考察を見終わって改めて「そりゃ、分かるわけないわ」って感想。映像作品としてタブーなことをガッツリやっていたのだから。

ってことで魅力的なキャラが多いこのシリーズの感想だけ書くと、

・ベイビークーパー(ダギー)が愛くるしい。役者のカイル・マクラクランはホントに凄い
・オードリーの老け具合に時の恐ろしさを感じずにはいられなかった
・ボビーめっちゃ立派になっていて驚いたけど、何か納得出来る