雨が降ると君は優しいのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「雨が降ると君は優しい」に投稿された感想・評価

ゆん

ゆんの感想・評価

3.3
0
✧記録用✧

佐々木希、昔より演技少しだけ上達したね🤭少しだけね笑
役がクソすぎるけど可愛いね💕

久々に見た俳優さん多かったけど、みんな老けたなーと!笑

重い話だけど個人的には見始めたら止まらず面白かった✧依存性って大変なんだなぁ😭
nnmm

nnmmの感想・評価

3.1
0
んー、ちょっと期待外れ。玉山鉄二が好きなのでなんとか完走できた。
kokibow

kokibowの感想・評価

3.1
0
大好きな野島伸司作品。

90〜2000年代の脚本・演出と比較すると見劣りするけど、相変わらず重めのテーマでまぁそれなりに面白かった。

設定が色々無茶あるところもあり、
キャストの演技力もありで、平均点。
Kaede

Kaedeの感想・評価

-
0
Huluドラマってこういうことなの?
脇役の演技が下手というか洗練されてないからなんか違和感。チグハグ。そしてその割合が地上波より格段に大きいから目立つ。
野島伸司の俳優養成所の準特待生とか、特待だからちょっと期待してたけど、イマイチだったし。


野島伸司はやっぱり好きなんだけど。大人の話だからかな?なんか勢いが90sとはやっぱ違うよね。それでも現代の他の脚本と比べたら好きだなあ。比べる相手が他人じゃなくて過去っていうのが目が厳しくなっちゃう原因だよね。

4人の目線が行き交うシーン好き。
こういう決定的なの一個入れてくる感じすき。

ナレーターの人もう少し別の方法あったのでは?
ナ

ナの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。好き。
前田公輝お目当てで観たけどいつの間にか普通にストーリーにハマってた。そして忘れた頃に前田公輝がめちゃめちゃ可愛い人畜無害ムーブするから参った。

毎度エンディングで曲がかかるタイミングが天才的。

最終話の志保の「ギブアンドテイク。人間関係はそれが壊れたら終わり。どちらかが与えすぎても、貰いすぎても、いつか相手に絶望する」って台詞があまりにも良かったな。
rie

rieの感想・評価

3.8
0
依存症と、依存症の人に向き合うということについて丁寧に描いた作品。作家の先生と若手編集者の関係も妙に好き。エンディングテーマが作品ととても合っていて大好き。
おもいっきり仕事を愛し、仕事を憎めって言葉、すごく胸に響いたなぁ
めろん

めろんの感想・評価

4.1
0

このレビューはネタバレを含みます

玉山鉄二かっこよ〜って軽い気持ちだけで見始めたら内容が深い深い 
見始めたら暗い気持ちになるけど見たい気持ちがとまらなくて見終わった後もウワ〜....しか残らないこの何というんだろう。残尿感(?)しか言葉が出ない
みんなのレビューみたらすっきりした、引用させていただいたくには申し訳ないくらい私が思っていることを言葉にしていてわざわざ書くまでもないくらい、、
妄想の中の新人に気付けなかったのも受け身で映画見てるからだろうと少し反省。
人工授精のくだりは現実の世界仰天ニュースか何かで見た覚えがあってゾッとした。
全体的にフワフワしていたけど惹きつける何かがあって飽きなかった。
重いドラマほど視聴者を飽きさせない作品作るのって大変だろうから凄いとただただ感心していました、、、
後から知ったけど野島伸司の作品だった 運命
マルコ

マルコの感想・評価

3.3
0

このレビューはネタバレを含みます

最後まで一気に観てしまいました。役柄が合っていたのか、佐々木希の演技は全く気にならず。近年の若手俳優にありがちな「演技ってこういうものでしょ」感がなく、ナチュラルで良かったです。
主人公のノブは、奇妙な男だと思いました。清廉潔白で妻しか興味がなく、作ったような笑顔で、全部本心なのか、それともずっと抑圧しているのか…食卓のシーン含め、「これは本当に楽しくて笑ってる?」と勘ぐりながら観てしまいました。
一方の妻アヤは、いつも表裏がない感じ。自分の感情の赴くままで、顔にもすぐ出るし行動にもすぐ出る。なので、2人は愛し合ってるといえなんかチグハグで正反対な気がしていました。
いつも本心が分からないノブの気持ちを推察しながら観ていましたが、結局最後まで分かったような分からないような。妻を愛しているんだろうし、共依存しているんだろうけど、最後まで笑顔も泣き顔も嘘くさいんだよなぁ。
ちなみに、新人作家のシーンは結構最初の段階でノブの妄想だとは気付いていました。毎回行く度にノブの事情を知り過ぎていたのが何か違和感で。モチダを連れて行った時はあれ?違った?と思いましたが。
a

aの感想・評価

4.0
0
はじめてドラマのレビューを書いてみます。
ドラマとしてはいまいちやったんやないかな、と思います。でもストーリーというか、テーマや内容がとても良かったです。同じように苦しむ人々がいるし、私も少し違えど同じようなもので、感情移入をし過ぎてしまいました。後半に進むにつれ面白く、辛く苦しく、台詞が刺さり、少し救われる感覚もある
信夫があそこまでしてあやと暮らそうとしたのは共依存のせいかもしれないけど、それほど人を愛すことができるのかと驚いた。自分と重ね、あやの辛さにばかり気を取られていたけれど、身近な人のことを私は全然見れてないんやなって気づいた。自分を変える、変わることはとても怖いけれど、人を傷つけないための何かはやっぱり必要なのかな

あなたにおすすめの記事