guchiyamaaka

チェルノブイリのguchiyamaakaのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
5.0
HBOにはつくづく唸らされる。
チェルノブイリの真実を炙り出すこのドラマは、最低限重要な音だけを必要としながら的確で無駄の無い映像編集でただ事の一部始終(終わらない問題なのだが。。)を晒しただけのような恐ろしいまでにシンプルで崇高な作品だ。それに加え1話毎に綺麗にパート分けもされており重量級のモチーフながら指折りの見やすさという凄まじさ。
ほんとうの緊急事態の場合、あまりに現実離れした(完全にアウト)ために、故に真実は隠される。そしてそれはいつの時代もそうみたいだ。昔から。あの時も。今もまさに!昨今の事情を踏まえるなら、数多あるパンデミック系映画ではなく今観るべきはこれだろう。最も恐ろしいのは重大な出来事によって噴出する人間の愚かさだ。
感染状況を展望するフェーズは終わって、社会のフレームワークの変化と自分の人生をリセットせよと各自考える、というかもうすで始まってると切替えるべき。