ひこぼし

チェルノブイリのひこぼしのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
5.0
自分の無知に打ちのめされてしまった。原子力発電の仕組みも、それに伴う凄惨な過去も何も知らなかった。

現代社会に投げ掛ける問いも非常に大きい。嘘と秘密で塗り固められたハリボテのユートピアでは真実はバラバラに解体され、もう一つの新しい真実が作り上げられる。

歴史という人類の知の遺産を得ることの重要性も痛感させられた作品。