chaooon

チェルノブイリのchaooonのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
5.0
1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故の事実に基づいて製作されたHBOのミニシリーズ。

人類史上最悪の人災。
それ故に概要はそれなりに知ってはいたけど、「衝撃」という言葉を使うことが、陳腐に感じるくらい、想像を絶する惨状がそこにはあった…。
事件発生から、鎮火、対処、裁判、といった事件終息までの経緯が丁寧に描かれているので理解しやすく、放射能が人体に及ぼす残酷な影響もショッキングに描いている。

ドラマの作りとしても、面白くて見入ってしまう脚本!
5話あっという間だったけど、内容が凝縮されていて、観終わったあとのズッシリ感…。

原子炉が爆発するわけがない。理論上あり得ない、と多くの人民が被害に合ってるにも関わらず、事故後も認めない上層部。
事実の隠蔽や自らの保身を優先するあるまじき政府の行い。
惨状とは対極的に美しいモスクワの聖ワシリイ大聖堂や大統領官邸の内装の豪華さが、より残酷に感じた。

汚染された野生動物を「駆除」と称した大量殺戮。
農作物、森林の刈り取り。
人間のエゴ以外の何物でもない、その後処理。
精密機器ですら、放射能で故障する。
全ては人の手で、命がけでやるしかない無情さ。

キャストは有名どころだと、ステラン・スカルスガルドが出ているのだけど、重厚感がありながら人間味を滲ませている役どころで、観ている側としても、心の拠り所になる存在感を放っていた。観ていて安心できる感じ。
あとはジェシー・バックレイも初動で鎮火に当たった消防士の妻を熱演。

茶化しちゃいけないけど、炭鉱夫のおっさんがカッコ良すぎたわ!!
実際に彼らは誰よりも危険を承知で作業行い、その後のフォローもなく若くして命を落としたとか。

これが現実にあった事件だったということを思い出すたびに、苦しくて、怖くて、息ができなくて、涙が出た。