とーるさんし

チェルノブイリのとーるさんしのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
3.7
ドラマは殆ど観ないけど、これは面白かった。ちゃんと演出されている場面が多数。
例えば、
サイクリングをしていた男女が海沿いの道路で休んでいる→バスが何台も何台も通り過ぎる→道路を見やるとバスの列が地平線の向こうまで果てしなく続いている→次のシーンで、ようやく住民避難用のバスだったと分かる

このように無関係の人物からシーンを始めて、画面で何が起こっているか見せる語りが一貫している。それは、オープニングの原発の爆発を消防士の部屋から見せる場面も同様。

事故に巻き込まれた無名の住民たち、後処理に従事した無名の職業人たちの思いを念頭においてるからこそ、このような視点設計になったのであろう。

最良はパニック映画の文法に則った2話目だと思うが、4話目のSFかと見紛うような除染作戦も事実なのだから驚愕する。終盤は真相だどうのこうので速度不足になるのは致し方なしか。