マンメンミ

チェルノブイリのマンメンミのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
5.0
色々な意味で観たことが一生記憶に残るであろう作品でした。
何となく事故の事は知っていましたが、これ程までの危機、危険があったのかと驚きます。
正に地球規模、史上最悪の事故です。
あり得ないとされていた事故原因の究明、ソ連の閣僚と科学者の事故収拾へのタッグを描きながらも無駄なエピソードを排除してひたすらに事故の怖さ、被爆の怖さが多角的に描かれています。
世界初の事例とはいえ、専門家がそばにいるのに雑な除染詐欺や防護服の着こなしなども観ていて怖くなりました。
被爆による症状の解説、患者の苦しむ様子は残酷すぎてホラー映画も足元に及ばない程の恐怖です。
化学用語が頻出しますが、科学者が政府高官に分かりやすく説明しているので視聴者も同じように理解できます。
そしてその二人のタッグが熱いです。
素晴らしいクオリティでした。