い

チェルノブイリのいのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
4.8
史上最悪の人災事故。
チェルノブイリで何が起こったのかだけではなく、国の体裁を守ろうとする隠蔽体質のソ連政府と事故の収束に尽力し真実を明らかにしようとする科学者の戦いも描かれており、ドラマっていうレベルを超えた重厚感だった。

1〜4話で事故後が描かれ、5話の裁判で事故発生までの経緯が明らかになる構成にグッと来た。

目に見えない放射能の恐ろしさと言ったらなかった。
原発内のドアを腰で押さえてたらその腰から直ちに血が滲み出るのにはびっくりした。
観て損はないドラマだと思う。