チェルノブイリのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「チェルノブイリ」に投稿された感想・評価

2019年の海外ドラマといえば、チェルノブイリの一択だろう。

正直言って何も知らないまま鑑賞したが、5話、約5時間のあいだずっとショッキングだったし圧倒された。


言葉もない。


ソ連という国は、これほど愚かな国なのか。
国というよりは、国家か。



なにより、、、このドラマをロシアではなくアメリカのテレビ局が製作しているという点が非常に残念だ。

HBOが作ったこのドラマは傑作に違いないが、まずロシアが作るべきものだっただろう。

初めてチェルノブイリを本気で扱ったものは、他国が、英語で製作したことはロシアにとってどういう意味を持つのだろうか。


原発のある国に住む僕らは、この映画を観てなにかを感じなければいけない。
yoko

yokoの感想・評価

5.0
0
実話に基づくからなおさらこわい。
当時のあのニュースの先にこんな恐ろしいことが起きていたとは‥
悪いことを隠蔽しては絶対にダメだと思う。
Fsuke

Fsukeの感想・評価

4.5
0
地獄だ。

いつだって被害を被るのも、それに身を賭して対処するのも、多くは歴史に名も残らない人々。

起こりえないことに悩む必要がないなんて、所詮は神話。
みんな神話の中で生きている。
自分には起こり得ないと思っている。
チェルノブイリ以降、色々な対策をしているんだろうけど、あの大震災で事故は起きた。
根っこは何も変わらない。
神話はまた終わった。

どんな思想を持とうが自由だが、とんでもないリスクを背負って生きていることは自覚しないといけない。
いつかまた、神話は終わる。
見応えがあってとても勉強になるドラマ。一気に1日で鑑賞。原発は怖い。でも人間ってやめられないのよね。
自分のタイミングが悪く、あまりに体に入れにくい話で最終話前で見るのを断念したドラマ。
そういう事実がそこにあるんだなと、冷静に最後まで見れるようになったらちゃんとリベンジする。
PIYOMI

PIYOMIの感想・評価

5.0
0
二度の原爆と、福島第一原発事故を経験した日本に住む者として、絶対に見なくてはならない作品。

こんなに恐怖と絶望を突きつけられたドラマは初めてだ。これがフィクションではなく、ほんの三十数年前に起きたことであり、これだけの惨劇があったにもかかわらず現在も世界中、日本中に原発が存在し稼働していること改めて戦慄する。
めかぽしや

めかぽしやの感想・評価

4.7
0
ウソの結果が最悪の結果を招いた
チェルノブイリ原発事故。
リアルタイムで知っていたけど
あえて内情を知って愕然とした。
ウソは綻ぶものが露呈した結果だったと
初めて知った。

ショッキンだったのは
放射能を最前線で浴びた人達の
行き着く先。
内部被曝の恐ろしさ。
広島原爆に劇中でも例えられているけど
直下型とは違う原発事故は
ジワジワと大地や水を汚染し
時間と共に被害者も増えてしまう。
まさに人類史上最悪の事故。

前にNHKで『戦争は女の顔をしていない』の著者ズベトラーナ・アレクシエーヴィッチさんがインタビューして回る
“ロシア小さき人々の記録”
で観た原発事故にいち早く駆けつけた
消防士の妻のモデルも
劇中に登場していた。
アレクシエーヴィッチさんの
『チェルノブイリの祈り』も
読まなくては。

劇中のメタファーで印象的だったのは
クレムリン宮殿での
レーピンのイワン雷帝の絵と
外に放置された
偽物ミッキーマウスの人形。
その絵はイワン雷帝が逆上して
息子であり皇太子を殴り殺してしまい
打ちひしがれるイワン雷帝。
これは当時のソ連そのもので
あったのだと思うし、
偽物ミッキーマウスは
ウソで塗り潰された象徴だったのかな。

人々が避難して無人になった街では
人間に飼われていたペットが取り残され
汚染され、そのペットを駆除する仕事をする人間。
メンタルが観てる側もやられる。


考えてみればこのチェルノブイリの
当時の状況はそっくりそのまま
日本にも当てはまる。
福島で放置された家畜や
ウソばかりの政権。
そんな日本の未来をあたかも
目の当たりにしたように感じてしまう。
竹谷彰人

竹谷彰人の感想・評価

5.0
0
正直なところ、どのホラーよりも怖いドラマだと思います。
ゆきんこ

ゆきんこの感想・評価

4.0
0
((((;゚Д゚)))))))
人災であり、欠陥があった原子炉事故、チェルノブイリを題材にした作品です。僕はリアルタイムで事故発生を知った世代ですが、この作品が真実に近いものならば、この事故は共産主義という仕組により発生したものかもしれません。
核の恐ろしさと、制御の大切さを痛感しました。
>|