チェルノブイリのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「チェルノブイリ」に投稿された感想・評価

maya

mayaの感想・評価

4.5
0
絶望でしかなかった。5話しかないのに、観るのが本当にしんどかった。
全てが真実ではないけど、事故の一端を知るという意味では素晴らしいドラマだった。


福島原発を知る日本人でもこの本当の恐ろしさを知っているのか?
知らずに近づく人や除染作業する姿がこわい。見えない恐怖の後の健康被害が酷すぎる。こんな害を作り出した人間の恐ろしさ。
作業員を悪者にしてるけど、真実もしっかり伝えないと彼らの名誉が守られないよ…
見終わって調べた事実にまた恐怖を感じた。


ジャレットハリスはバイオのイメージだけど、やっぱ科学者似合う。スカルスガルドも声やあの独特な雰囲気と演技ほんと良い。
炭鉱者の台詞や、ヨウ素を渡すシーン、犬を殺して猫が生き残るシーン…強烈に印象に残った。そして不穏なBGMが全てを不安にさせる。

最後まで見て、死の橋に行かなかった彼女、事件の全貌を理解し、また1話を見直した。ホデムチュクはどこに…
福島の汚染水は流すべきじゃないし、復興なんてできないって事はもう分かりきってるけど、このドラマみて原発の恐ろしさをまた知るべきだ。
みるべきだけど、精神やられるので安易に勧められない。、
tnn

tnnの感想・評価

4.0
0
ソ連だからこそ起きてソ連だからこそどうにかおさめる(現在も苦しんでいるひとは大勢いるのはわかってるけど)ことができたように思う。
日本は「はだしのゲン」のおかげかもう少し本能的に放射性物質への回避思考が働くように思うけど、こんな大規模人災の前では塵に等しいのかもしれない。
tkphile

tkphileの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

21/4/10
1話 
不都合な真実を受け入れられない政治家や権力者
未知
科学者の論理的な話し方
信じてもらえないという恐怖

2話
暗闇の恐怖
自己犠牲
隠蔽と安心

21/4/12
3話
放射線の人体破壊
人ならざる愛する人
ソ連時代 KGB(国家保安委員会)
炭坑夫
イワン雷帝と皇子イワン
okawara

okawaraの感想・評価

4.4
0
スクリーンサイズのドラマが積極的に作られるようになって久しいが、これはその中でも白眉な1本だろう。

埋めるというイメージや、上方から何かが落ちてくるイメージの集積が、見せ場に収斂していく感じとか、
デリケートな話を扱いながらも、ユーモアを忘れない作劇とか、
社会性にのみ頼ることをしない態度が、頼もしい。
地獄オブ地獄!!5時間続く地獄!
地獄がゲシュタルト崩壊おこすぐらい地獄!
一旦落ち着いたかな?って思ったら別の地獄で上塗りされる恐怖!
もおおおおおお!!最初から最後までずーーーっと怖いのよ!!

このドラマの主人公はいるんだけれども、各話ごとに別の人の視点から事故の状況を映してるのがまたキッツイ!

各話の終わり方もすごい嫌なとこで終わるし怖っ!


線量計の「ジ…ジジ…ジジジジジジジジ」
って音が緊急地震速報のアラーム並みに怖いのよ!

トラウマものの素晴らしいドラマでした!
usamom

usamomの感想・評価

4.3
0
追従ちょっと評価高め
題材的に
めも

めもの感想・評価

5.0
0
sobayu

sobayuの感想・評価

5.0
0
噂に違わぬ面白さ。1話目が辛さMAX、2話からは主人公たる物理学者と政治家が登場して見やすくなる。各人物の背景や家族などパーソナルな部分を排したのもよかったんだろうな。

通常計器の最高値がそのまま既成事実になるとかあ然とするけど、私もああやって自分に都合のいいように解釈してしまうと思う。これ別に冷戦下のソ連だから起きたんじゃないよね。米国でも起きるし、日本なんて同じことして、しかもまだ最終話が来ていない。

もう一回1話目を見返したい。レガソフの選択、技師の二人がなぜ水のバルブを緩めに行ったのか、分かった上で見たい。

ホロコーストものとかもそうなのだけど、真摯に取り組まなければいけない題材ほど面白くなければいけないわけで、そこを達成した作品は本当に素晴らしい。
Heathen

Heathenの感想・評価

5.0
0
絶望しかない。
Sho

Shoの感想・評価

4.5
0
福島原発事故でチェルノブイリ原発事故の存在を知っていたけど、そこまで詳細は知らなかった

ここまでひどく人的災害だったなんて
これが真実だなんて、いまだに信じられない。いまだに遺体を回収されてない人もいるなんて

Googleマップで検索したら、チェルノブイリだけコンクリート色でした