チェルノブイリのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「チェルノブイリ」に投稿された感想・評価

haru

haruの感想・評価

4.3
0
Ayax

Ayaxの感想・評価

4.5
0
去年のエミー賞(リミテッド・シリーズ部門)で作品賞と監督賞と脚本賞受賞していたみたいで気になっててやっと観た。
いやー本当に超絶骨太で壮絶だった。面白いって言うのが大変不謹慎な感じがして憚られるのだけど、面白かった。今年、家にいる時間があるから以前よりたくさんドラマを観ているなと思っていて、今年観た中ではベスト5には確実に入る。ベスト3でもいい。
タイトルの通り、チェルノブイリ原発事故をドラマ化したもので、その地獄のような現場を当時事故収束を命じられた科学者と一緒に追体験していくような雰囲気。最初から最後まで問題が勃発しては何とか鎮火させての連続で、いつも最悪の事態をスレスレ回避で、自分だったら苦しくて苦しくて狂っちゃってるなと思う。その問題というのが大きい物から小さい物まで無数にあって、例えば事故直後の発電所幹部たちの最初の会議で「住民をパニックにさせないように通信を遮断し移動を禁止にしよう」って長老みたいなお爺さんが世迷いごとみたいなこと言ってみんな立ち上がって拍手とか仰天だし、翌日くらいに「これが操作をミスしたと思われる者のリストです」とか、今それじゃない感がすごかった。そんなの序の口で、絶対寿命を縮めてしまう任務を人の手で行わなければならなくて、作業できる時間は1人当たり最長で90秒、それに対する報酬が800ルーブル(1,100円くらい)ってマジかよっていう。衝撃的な情報が多すぎる。事故はいつ収束するんだって偉いおじさんに責められて、「半減期が2万4千年なので生きてるうちに終わりません」って、うわあああ240回死んでも終わらないいいいいい。
日本でも大きな原発事故が起きていて、事態を過小評価しようとしたり報告が遅かったりみたいな似たようなことはあったんじゃないかなと思ったけど、社会主義国の権力って想像以上だと感じた。機密情報を知っている人間は常に盗聴されたり、尾行されたり、監視されたりするので、誰かと会って話す時は廃校とか公園とか。北朝鮮みたいだなと思った。ソ連は事故そのものを隠そうとした(それは結局スカンジナビア半島にまで放射線が飛んでいってスウェーデンの発電所に指摘されすぐ発覚しちゃうっていう話もすごい)し、原発の構造の根本的な欠陥も気付いていながら隠蔽しようとしてた。ソ連が作ったものが至高でないといけない(欠陥を認められない)。アメリカに助けてくださいとは口が裂けても言えない。
ドラマの主人公のレガソフ博士が事実の記録を残して自死されたことで、真実が明るみになり、その欠陥が修繕されることになったらしい。正式な犠牲者の数は、公式な記録が残っていないという理由で不明のまま。火事だと思って見物しに鉄橋に集まった人は全員亡くなったとのこと(死の橋)。
有料だけど5話で終わるし、こういう専門用語が飛び交う映画とかドラマって、台詞と別に注釈が出て読むの大変なんだけど、このドラマは注釈を多分一回も出さずに、ちゃんと台詞の掛け合いでわかるように作られているのがお見事。本当に見やすいし、続きが気になるようにできている。とにかくこんなに人としてしんどい決断を短時間で連続してやっていかなければいけないというのが本当に観ていて辛かった。でもめちゃくちゃ良かった。
真実の代償<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<嘘の代償。
このドラマに対してロシアが反論のためにドラマ作ると言ってるらしい。
110

110の感想・評価

5.0
0
ウソの代償はいつか払わなければならない。
Uriko

Urikoの感想・評価

5.0
0
放射線こわい。
ソビエトこわい。
ずっと口を開けて見てた。

90秒作業の人達はみんな。。。。
実際には、どれほどの人が亡くなったのだろう。。。
まひろ

まひろの感想・評価

4.8
0
知った方がいいノンフィクション
純粋に怖い
yoko

yokoの感想・評価

5.0
0
実話に基づくからなおさらこわい。
当時のあのニュースの先にこんな恐ろしいことが起きていたとは‥
悪いことを隠蔽しては絶対にダメだと思う。
Fsuke

Fsukeの感想・評価

4.5
0
地獄だ。

いつだって被害を被るのも、それに身を賭して対処するのも、多くは歴史に名も残らない人々。

起こりえないことに悩む必要がないなんて、所詮は神話。
みんな神話の中で生きている。
自分には起こり得ないと思っている。
チェルノブイリ以降、色々な対策をしているんだろうけど、あの大震災で事故は起きた。
根っこは何も変わらない。
神話はまた終わった。

どんな思想を持とうが自由だが、とんでもないリスクを背負って生きていることは自覚しないといけない。
いつかまた、神話は終わる。
見応えがあってとても勉強になるドラマ。一気に1日で鑑賞。原発は怖い。でも人間ってやめられないのよね。
自分のタイミングが悪く、あまりに体に入れにくい話で最終話前で見るのを断念したドラマ。
そういう事実がそこにあるんだなと、冷静に最後まで見れるようになったらちゃんとリベンジする。
PIYOMI

PIYOMIの感想・評価

5.0
0
二度の原爆と、福島第一原発事故を経験した日本に住む者として、絶対に見なくてはならない作品。

こんなに恐怖と絶望を突きつけられたドラマは初めてだ。これがフィクションではなく、ほんの三十数年前に起きたことであり、これだけの惨劇があったにもかかわらず現在も世界中、日本中に原発が存在し稼働していること改めて戦慄する。
>|