SAKAS

トップリーグのSAKASのレビュー・感想・評価

トップリーグ(2019年製作のドラマ)
-
昭和の闇、裏献金事件の真相に絡む
1人の新聞記者と仲間の闘争ドラマ

昨今は大きな組織のパワーでねじ伏せていたものに真っ向から挑む作風や闇が暴かれていくものが流行ってますね
時代でしょうか

今作もその流れにのっている一作に思います。

半沢さんをシリアスに重厚にしたような
映画「新聞記者」も連想されるような

フィクションではあるもののこういった不正などは数多あり力によってねじ伏せた過去は枚挙にいとまがないんだろうな

近藤官房長官の論理は理解はできるものの共感はできず
やはり真実一つを武器に戦う新聞記者側に肩入れしてしまう

玉山さんも重いものを背負いながら戦う松浦役を好演していた
苦渋の決断シーンはともに叫びたい気持ちでした
うああああああ(あ、叫んじゃったw)

組織の思惑が人の命の上にたってはいけない
そんな当たり前が当たり前である社会でなければ
うああああああ(やっぱり叫ぶしかない!)