るう

悪の波動 殺人分析班スピンオフのるうのネタバレレビュー・内容・結末

4.7

このレビューはネタバレを含みます

やっと観られた!
アマプラありがとう一生やめない!

本編も良すぎて何度も観たし
トレミーがその後どうなってるかをわかってて観る今作は
終始辛くて辛くて。
やっとほんの少し、人の心を取り戻しかけてたのに、あの告白を聞いてまた歪んでしまったなんて
運命残酷すぎる辛い。
その後のトレミーを知っていれば
あー、この子死ぬんだろうな
とか、犯人絶対トレミーじゃないなー
とか分かってしまうし
じゃあ犯人誰?ってなると
彼しかいないので驚きは少なかった。

あとハンバーグ!
水晶の鼓動のあの台詞…
てっきりお母さんのだと思ってた。
泣ける。
みたらし団子もチラッと出てて
どんだけファンサ?!とか終始歓喜してた。
周回したいほど好きだけど
辛いので何度も観る精神力がありませぬ。

あと、途中で笑ったけど
トレミー、21歳設定なんだね!
この時点で古川雄輝くん30過ぎてるよね!