Jun

蝶の力学 殺人分析班のJunのネタバレレビュー・内容・結末

蝶の力学 殺人分析班(2019年製作のドラマ)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

殺人分析班シリーズ第3弾は、主人公の心的な側面に依った描写や過去のエピソードが減り、前作と比べればシリーズ未見の方でも単体で楽しめそうな一編となっている。

複数展開される事象全てが直接的に結びついていないのはタイトルが示す通りではあるが、それにしても終盤の急展開はやや恣意的であり評価の分かれそうなところである。だがここに至るまでの含みを孕んだ表情と、関連性の希薄さが逆により一層の恐ろしさを感じさせる菊地凛子の怪演は一見の価値有り。